個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/花吹雪

投稿日:2017年4月21日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『花吹雪』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

hanafubuki

『花吹雪』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名花吹雪
演奏時間4:37
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『花吹雪』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS10
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)12
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-14
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST14

オリジナルアルバム『SICKS』の10曲目に収録。

非シングル曲ですが、ベストアルバムの常連です。

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の楽曲投票では堂々の第3位で、非シングル曲としては最高位を獲得。非常に人気の高い曲と言えます。

※『花吹雪』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

個人的に大好きな1曲です。

メンヘラなんじゃないかと思うほど病的な想いが込められた歌詞が素敵です!

オリジナルアルバムの『SICKS』に収録されていますが、アルバム名とぴったりです。

歌詞の考察は他サイトの方が詳しいと思いますが、”花の木の下に君の死体説”はしっくりくる解釈ですね。

死体の養分で育った木と、それが咲かせた花を”君”の生まれ変わりのように思っていると考えれば、1番のAメロ、Bメロはまさにその通りです。

死別してしまったからこそ、これほど病的な想いが込められているのかもしれません。

ちなみに、曲中に登場する”花”は勝手に桜だと思い込んでいましたが、改めて歌詞を確認すると、そう断定できる言葉は見当たりませんでした。

どうしても、花吹雪=桜吹雪を想像してしまいますが。

曲中のオルガン(?)の音が印象的なのですが、この音は『The Beatles』の『In My Life』を彷彿とさせます。

レトロでかわいらしいメロディーが似てません?

『THE YELLOW MONKEY』の本作『花吹雪』は『In My Life』に比べるとバンドサウンドが強めの曲調ですが、このかわいらしいオルガンの音が『THE YELLOW MONKEY』独自の妖しい世界観を壊さずに調和しています。

素敵です。

Amazonで試聴できます。

『花吹雪』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/小学館

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】黒夢/白と黒

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/gossip

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。