個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)

投稿日:2018年4月26日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、個別楽曲『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

ginza

『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)
演奏時間1:23
作詞hide
作曲hide
編曲hide

アルバム『PSYENCE』のインスト楽曲その2。

『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE9

オリジナルアルバム『PSYENCE』の9曲目に収録。

※『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“大江戸カウボーイズ”なんていう、和洋折衷な曲名が付いている1曲、『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』。

ギターを中心としたインスト楽曲なのですが、確かに和洋折衷。エレキギターの西洋な響きで和風なメロディーを奏でており、『布袋寅泰』っぽい雰囲気があります。

“カウボーイ”というと、ウェスタンウェアーで身を包み、馬に乗って駆け回るアメリカの男性をイメージしますよね。

着ているものは180°違いますが、日本の侍も”馬に乗っている”という点はカウボーイとの共通事項です。少々無理やりですが、”大江戸カウボーイズ”=”侍”と考えることはできないでしょうかね。『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』という楽曲自体も、チャンバラしている様子を描いていると言われれば、そういう風にも聴こえなくはないですし。

ただ、私の場合は、『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』を聴くと“急いで走ってる飛脚”が頭の中に出てきます 笑。

まさにこんな感じのヤツ。

アルバム『PSYENCE』はインスト曲多めな作品ですが、その中でも本作『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』は一風変わった味わいのある1曲になっています。

ちょっとしたコメディ感のある、いい意味で箸休め的な立ち位置の楽曲ですね。

Amazonで試聴できます。

『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/CALL FOR LOVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DEAR FEELING

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/君が見つめた海

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PHANTOM OF GUILT

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。