個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)

投稿日:2018年4月26日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、個別楽曲『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

ginza

『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)
演奏時間1:23
作詞hide
作曲hide
編曲hide

アルバム『PSYENCE』のインスト楽曲その2。

『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE9

オリジナルアルバム『PSYENCE』の9曲目に収録。

※『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“大江戸カウボーイズ”なんていう、和洋折衷な曲名が付いている1曲、『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』。

ギターを中心としたインスト楽曲なのですが、確かに和洋折衷。エレキギターの西洋な響きで和風なメロディーを奏でており、『布袋寅泰』っぽい雰囲気があります。

“カウボーイ”というと、ウェスタンウェアーで身を包み、馬に乗って駆け回るアメリカの男性をイメージしますよね。

着ているものは180°違いますが、日本の侍も”馬に乗っている”という点はカウボーイとの共通事項です。少々無理やりですが、”大江戸カウボーイズ”=”侍”と考えることはできないでしょうかね。『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』という楽曲自体も、チャンバラしている様子を描いていると言われれば、そういう風にも聴こえなくはないですし。

ただ、私の場合は、『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』を聴くと“急いで走ってる飛脚”が頭の中に出てきます 笑。

まさにこんな感じのヤツ。

アルバム『PSYENCE』はインスト曲多めな作品ですが、その中でも本作『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』は一風変わった味わいのある1曲になっています。

ちょっとしたコメディ感のある、いい意味で箸休め的な立ち位置の楽曲ですね。

Amazonで試聴できます。

『OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/JAM

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/LORELEY

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/人類最後の日

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Balloon Balloon

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Endless Desire

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。