個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/DAMAGE

投稿日:2018年4月25日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、個別楽曲『DAMAGE』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

architecture

『DAMAGE』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名DAMAGE
演奏時間4:34
作詞hide
作曲hide
編曲hide

『DAMAGE』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE4
KING OF PSYBORG ROCK STAR2
We Love hide 〜The Best in The World〜 (DISC 2)5

オリジナルアルバム『PSYENCE』の4曲目に収録。

非シングル曲ながら、いくつかのベストアルバムにも収録されています。ただし、『hide』のベストアルバムで最も有名な作品と思われる『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』には未収録。

※『DAMAGE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『PSYENCE』の中でも、『BACTERIA』と並んで激しい楽曲、『DAMAGE』。

曲調はまさに『hide』の奏でるロックで、1stアルバムの『HIDE YOUR FACE』収録曲で言えば『DICE』と『DOUBT』を足して2で割ったような感じです。早口の歌メロは『DICE』っぽくあり、ボーカルに歪んだエフェクトがかかっているところは『DOUBT』っぽくあり、といった印象。

『DICE』や『DOUBT』との違いを挙げるとすると、本作『DAMAGE』は、サビのメロディーがよりキャッチーなところでしょうか。あと、Aメロの歌い方はちょっとラップっぽいリズムが感じられます。これも『DAMAGE』らしいところですね。

ところで、アルバム『PSYENCE』の収録曲って半分くらい(インストを除けば半分以上)が『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』に収録されています。

『hide』の死後、しばらく経ってから『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』で『hide』の音楽に触れ始めた人もけっこういると思うんですよね(私もその口です)。

そんな人にとって、『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』と重複曲の多いアルバム『PSYENCE』を改めて聴く理由ってなんだろうか。

そう考えたときの答えの一つが、本作『DAMAGE』なのかな、と思いました。

せっかく『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』で『hide』の魅力を知ったのなら、彼らしさ溢れるこの曲を聴かないままではもったいないですよ。

Amazonで試聴できます。

『DAMAGE』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/RHAPSODY

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/PUFF PUFF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ホワイトワルツ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Subjective Late Show

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Say Anything

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。