個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

投稿日:2019年7月21日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『Waltz』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

eyelashes

『Waltz』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名Waltz
演奏時間3:39
作詞キリト
作曲アイジ
編曲PIERROT & 西脇辰弥

『Waltz』収録アルバム

アルバム名トラック#
PRIVATE ENEMY7

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の7曲目に収録。

※『Waltz』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Waltz(ワルツ)』という曲名から、いわゆるワルツのリズムである3拍子の楽曲と思いきや、普通に4拍子の楽曲である本作『Waltz』。

ただ、ワルツのリズムではないとは言え、”ダンス”というものは意識したようなリズムのように感じます。どんなジャンルのダンスかはわかりませんが、軽快なステップで踊るような、そんな類のダンスに合いそうな感じ。

一方で、本作『Waltz』に”ダンス”っぽさを感じるとは言え、『PIERROT』の楽曲らしく爽やかさは全く感じないんですよね  笑。

ダンスと言えば、やはり青春を謳歌するリア充向けのジャンルと言いますか、ポカリスエットのCMのような、みずみずしい汗を伴う爽やかさを連想すると思うんです。

しかし、本作『Waltz』で描かれる”ダンス”は歌詞も楽曲の雰囲気も青春やリア充とは全く遠いところに位置しています。爽やかさの欠片もありません。

間違ってもポカリスエットのCMには採用されないでしょう 笑。

そんなこともあって、“爽やか”の対義語がわかれば、本作『Waltz』を一言で表現できるのではないかと考えました。

“爽やか 対義語”でGoogle先生に尋ねてみたところ、一発で答えが返ってきましたよ。

…爽やかの対義語は“鬱陶しい”であると。

…。

なんか…思ってたのと違う!

本作『Waltz』、全然”爽やか”では無いんですけど、その対義語である”鬱陶しい”というのともまた違うような気がしています。。。

『Waltz』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/夏の憂鬱

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/BUNCHED BIRTH

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】B’z/BE THERE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/TIME SLIP

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/夜汽車

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。