個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

投稿日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

 

今回は、『PIERROT』の楽曲、『不謹慎な恋』のレビューです。

 

fish

全体概要

基本情報

アーティスト PIERROT
曲名 不謹慎な恋
演奏時間 4:08
作詞 キリト
作曲 キリト
編曲 PIERROT & 西脇辰弥

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
PRIVATE ENEMY 6

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の6曲目に収録。

 

レビュー

まず、何って『不謹慎な恋』という曲名がいいですよね。

“普通のラブソングなんか聴いてられるか!”という中二病患者の興味を惹きつけるには十分な文字列です。事実、当時中学生だった私もガッツリこの曲名に引き寄せられた人間の一つでした 笑。

 

さて、本作『不謹慎な恋』の内容ですが、とにかく「グロテスクな恋」というサビのキラーフレーズが印象的です。

「グロテスクな恋」って具体的にいったいなんだ?って感じですけどね。曲名の『不謹慎な恋』と同様、例の症状を呈している患者にグサッと突き刺さる絶妙な言葉の組み合わせが素敵。

そして、この「グロテスクな恋」の実行を提案してるのが“イカれた紳士”ふうな感じなのです。すごく丁寧な言葉づかいで頭のおかしいことを口走ると言いますか、これまでの『PIERROT』にはないタイプのキャラクターが出てきたなという印象。

とは言え、アルバム『PRIVATE ENEMY』では#4 『MASS GAME』、#5 『AGITATOR』と政治色の強い楽曲が続きますので、6曲目のタイミングで本作のような中二病ド真ん中らしい作品が来ると”いつもの”的な安心感を抱くのもまた事実。

最後のフレーズに自主規制音(ピー音)の入った言葉が出てきますが、まさにそのワード通りの『PIERROT』らしい作風だと思います。

 

『不謹慎な恋』が収録されているアルバム『PRIVATE ENEMY』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】PIERROT/PRIVATE ENEMY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜も眠れない(病的な意味で)

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Ray

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HOWEVER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されこ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/DEMO、恋はサーカス

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。