個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/PUFF PUFF

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。

一度の解散を経て今では”生涯解散することはない”と宣言していますが、この絶妙なバランスを保ったまま長く続いていく奇跡を信じています。

今回は、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の12曲目、『PUFF PUFF』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『PUFF PUFF』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名PUFF PUFF
演奏時間1:17
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

演奏時間は1分台と、本作『PUFF PUFF』がアルバム『EXPERIENCE MOVIE』収録曲の中で最も演奏時間が短い楽曲になります。

『PUFF PUFF』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE12

オリジナルアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の12曲目に収録。

※『PUFF PUFF』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

演奏時間は非常に短いですが、いわゆるインスト楽曲というわけではありません。しっかりと歌詞の付いた歌の入った歌モノの楽曲です。

ただ、楽曲の構成はピアノとボーカルだけというシンプルな作りになっています。イエモンの楽曲ではありますが、バンドの音が入っていないという意味では吉井和哉のソロ曲的な作品と言えそうです。

本作『PUFF PUFF』、軽快にリズムを刻むピアノ裏声のボーカルがなかなかコミカルな雰囲気を出しています。

アルバム『EXPERIENCE MOVIE』では12曲目というラスト手前のポジションに収録されていますが、 長尺な楽曲が多くて深刻な雰囲気になりがちなこのアルバムの空気をぶち壊すような聴き心地がありますね。

『4000粒の恋の唄』や『フリージアの少年』を聴いて疲れてしまったリスナーに対し、”ちょっと1回、頭の中リセットしなよ”と言っているような気がします。

そして、本作『PUFF PUFF』によって空気が一度セットされた後にやってくるのが、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の最終トラック『シルクスカーフに帽子のマダム』。

最後の最後に演奏時間約8分の楽曲がやってきますので、まだまだ油断はできません 笑。

Amazonで試聴できます。

『PUFF PUFF』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Le ciel

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HAPPY SWING

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/BLUE BLOOD

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Sell my Soul

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】B’z/RUN

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。