個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/フリージアの少年

投稿日:2020年4月12日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。

一度の解散を経て今では”生涯解散することはない”と宣言していますが、この絶妙なバランスを保ったまま長く続いていく奇跡を信じています。

今回は、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の10曲目、『フリージアの少年』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『フリージアの少年』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名フリージアの少年
演奏時間6:51
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『フリージアの少年』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE10

オリジナルアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の10曲目に収録。

※『フリージアの少年』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『EXPERIENCE MOVIE』における重量級楽曲の一角『フリージアの少年』。

『EXPERIENCE MOVIE』の後半に合間を挟みながら演奏時間の長いヘビー楽曲が3曲収録されていますが、その中間に登場するのが10曲目の本作『フリージアの少年』です。

ちなみに、残りのヘビーな2曲は8曲目の『4000粒の恋の唄』と13曲目の『シルクスカーフに帽子のマダム』

本作『フリージアの少年』、個人的にはイエモン屈指の名曲だと思っています。

なんというか、この楽曲で歌われている悲しくもロマンティックな物語への没入感が半端ないのです。

決してありふれた日常を描いているわけではなく、むしろ特殊な境遇にある少年のことを歌っているものと思いますが、なぜか共感を伴って聴き入ることができます。

本作『フリージアの少年』を収録したアルバムに『EXPERIENCE MOVIE』という名前がついていますが、まさにその通りという感じ。映画の主人公に感情移入して見入ってしまう、あの感覚に近いものがあります。

あと、私が感動したのがサビの歌詞の変化です。

1番と2番では「貴方」「僕」「釘付け」だと歌っているのですが、3番では「貴方」「僕」「釘付け」と歌っているのです。

この、文字数にすればわずかな変化ながらも、内容としては180度変わっているという歌詞!

今まで自分のことばかりを考えてた少年が、初めて他人のことを想い始めたかのような、そんな心境の変化が感じられてすごく素敵だと思いました。

Amazonで試聴できます。

『フリージアの少年』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TONIGHT

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/WET DREAM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Larva

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/SPEED POP(Introduction)

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】B’z/ハピネス

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。