個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/4000粒の恋の唄

投稿日:2020年4月10日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。

一度の解散を経て今では”生涯解散することはない”と宣言していますが、この絶妙なバランスを保ったまま長く続いていく奇跡を信じています。

今回は、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の8曲目、『4000粒の恋の唄』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『4000粒の恋の唄』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名4000粒の恋の唄
演奏時間8:18
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

演奏時間は8分越えと、本作『4000粒の恋の唄』がアルバム『EXPERIENCE MOVIE』収録曲の中で最も演奏時間が長い楽曲になります。

『4000粒の恋の唄』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE8

オリジナルアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の8曲目に収録。

※『4000粒の恋の唄』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『EXPERIENCE MOVIE』における重量級楽曲の一角『4000粒の恋の唄』。

『EXPERIENCE MOVIE』の後半に合間を挟みながら演奏時間の長いヘビー楽曲が3曲収録されていますが、一番最初に登場するのが8曲目の本作『4000粒の恋の唄』です。

ちなみに、残りのヘビーな2曲は10曲目の『フリージアの少年』と13曲目の『シルクスカーフに帽子のマダム』

本作『4000粒の恋の唄』、事細かな所作を描くことで、陰鬱な女性(もしくはオカマ?)の気持ちを描いています。

そして、歌詞でピックアップされる所作というのが、これまたおしゃれなような物悲しいような、絶妙な内容。作詞を担当した吉井和哉のセンスが光る取捨選択です。

また、事細かな所作を描くことでリスナーの頭の中に具体的な景色が映し出され、本作『4000粒の恋の唄』を聴いているとまるで映画を見てるような気分になります。

まさに『EXPERIENCE MOVIE』というアルバム名にピッタリの楽曲。

それから、繊細な歌詞の内容を引き立てる楽器隊の存在も忘れてはいけません。

リスナーの頭に描かれる映像は洋画的な風景ではありますが、聴き心地は演歌や歌謡曲的な和風の趣があります。

和洋折衷…という言葉が適切かわかりませんが、和とも洋とも言い切れないこの楽曲の独特な雰囲気は、楽器隊の織りなす職人技によるものが大きいのだと思います。

Amazonで試聴できます。

『4000粒の恋の唄』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SHOCK HEARTS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/チャイナアドバイス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/半泣き黒猫団のテーマ

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/酔わせてモヒート

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Blame

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。