個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/アバンギャルドで行こうよ

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。

一度の解散を経て今では”生涯解散することはない”と宣言していますが、この絶妙なバランスを保ったまま長く続いていく奇跡を信じています。

今回は、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の9曲目、『アバンギャルドで行こうよ』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『アバンギャルドで行こうよ』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名アバンギャルドで行こうよ
演奏時間4:40
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

2ndシングルの表題曲。

カップリングは表題曲以上に人気の高い『SUCK OF LIFE』。

『アバンギャルドで行こうよ』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE9
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act I)15
THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION2

オリジナルアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の9曲目に収録。

※『アバンギャルドで行こうよ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ものすごくダサくて、ものすごくキャッチーな1曲、『アバンギャルドで行こうよ』。

とにかく、曲名も歌詞もサウンドも全てが絶妙なダサさ!

特に、全編にわたって鳴り響くストリングスのダサさが強烈です。B級歌謡曲のような、なんとも言えないチープな昭和臭さを感じます。

しかし、この絶妙なダサさのせいか、本作『アバンギャルドで行こうよ』はやたらとキャッチーで耳に残る魔力があるんですよね。

全然かっこいい楽曲とは思わないんですけど(そろそろ失礼)、かと言って嫌いにはなりきれないものがあります。なんだかんだ言ってキャッチーなので、アルバムを聴いていてこの楽曲が始まっても、飛ばしたくなるほどの退屈さとは無縁です。

個人的な感覚ですが、本作『アバンギャルドで行こうよ』のダサさは意図的なものと思っています。

この楽曲が収録されているアルバム『EXPERIENCE MOVIE』を聴けばわかりますが、かっこよくて味のある楽曲が多数収録されています。

そんな楽曲を作れるバンドが、わざわざシングルにダサい楽曲を当てていくなんて…。

絶妙なダサさが醸し出す独特なキャッチーさがヒットにつながると考えたとか、何らかの戦略に基づいた上での計算されたダサさなんだと信じています…。

『アバンギャルドで行こうよ』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/pray

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Lies and Truth

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/デジタルモグラ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Last love song

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/忙しくてよかった

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。