個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/神経がワレル暑い夜

投稿日:2019年7月29日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言葉が一般的ではありませんでしたが、今の基準で言えば”中二病”の定義にぴったり当てはまるバンドではないでしょうか。

そもそもヴィジュアル系というジャンルそのものが中二病患者にぶっ刺さりがちなのかもしれませんが、この『PIERROT』というバンドは中二病における幅広い症状(属性)に対応できるという点で特に多大な信者を生み出したものと思われます。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『神経がワレル暑い夜』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

mental-health

『神経がワレル暑い夜』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名神経がワレル暑い夜
演奏時間4:13
作詞キリト
作曲キリト
編曲PIERROT & 西脇辰弥

7thシングルのA面曲。

『神経がワレル暑い夜』収録アルバム

アルバム名トラック#
PRIVATE ENEMY14
DICTATORS CIRCUS -A variant BUD-7
HELLO COMPLETE SINGLES AND PV COLLECTION (Disc 1)9

メジャー2ndアルバム『PRIVATE ENEMY』の14曲目に収録。

※『神経がワレル暑い夜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

疾走感と耳残りのいいサビのメロディーが気持ちいい1曲、『神経がワレル暑い夜』。

『神経がワレル暑い夜』という曲名だけ見ると、鬱々とした重たい楽曲を想像してしまいそうですが、サウンド面は上述の通り意外とキャッチーな仕上がりになっています。

初めてこの楽曲を聴いたとき、個人的には曲名と内容にけっこうなギャップを感じました。曲名の印象から重いヤツを喰らう覚悟をしていたので、疾走感溢れるイントロが流れ出したときは”いい意味で裏切られた!”と思ったのを覚えています。

今でもアルバム『PRIVATE ENEMY』収録のシングルの中では本作『神経がワレル暑い夜』が一番のお気に入りですね。

本作『神経がワレル暑い夜』は”疾走感が気持ちいい”と書きましたが、やはり『PIERROT』の楽曲、爽やかさとは無縁です 笑。なんというか、緊迫感のある疾走感がこの楽曲の魅力なのではと思います。

空間を塗りつぶすような迫力のある歪んだギターと、主張は少ないながらも神経質なギターアルペジオのサウンド、そして手数の多いドラムが”緊迫感のある疾走感”を作り上げているのでしょう。

王道ヴィジュアル系サウンドというやつだと思いますが、オラオラな部分も耽美的な部分も『PIERROT』流に消化されていて、素直にかっこいいです。

『神経がワレル暑い夜』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/I’m in Love

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】B’z/Survive

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/太陽が燃えている

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/NECESSARY

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。