個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/見して 見して

投稿日:2018年8月4日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の5曲目、『見して 見して』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

peep

『見して 見して』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名見して 見して
演奏時間5:11
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『見して 見して』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD5

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の5曲目に収録。

※『見して 見して』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

太郎と花子のお話を綴った作品、『見して 見して』。

とはいっても、1曲を通して全て太郎視点で語られています。花子に下心丸出しの太郎。曲名の『見して 見して』とは太郎から花子に対して向けられた言葉というわけですね。

そんな欲望にまみれた太郎に対し、花子がどう思っているのか曲中で一言も語られません。きっと太郎にとって花子の気持ちなんてどうでもいいんでしょうね。自らの欲望さえ満たされれば後はどうでもいいと。花子視点を一切省くことでそういう太郎の動物的衝動を描いているのでしょう…。

ところで、「見して」という表現、これはおそらく方言ですよね?西日本の方言かな。共通語で言えば、”見せて”となるところでしょう。

ただ、この「見して」というワードの選択が素晴らしいなと思うのです。

本作『見して 見して』はサビが非常にシンプルで、曲名の『見して 見して』をほぼ連呼しているだけです。そして本作のサビのメロディーとその言葉のノリを考えると、間違いなく”見せて”より「見して」の方がキレイです。試しに『見して 見して』のサビのメロディーに乗せて”見せてー見せてー”と歌ってみると、かなり歌い辛くて言葉のノリが悪いことを実感できると思います。

作詞者の吉井和哉は東京生まれ静岡育ちの方ですので、普段使う共通語の”見せて”ではなく「見して」をあえて選んでいるはずです(方言に詳しいわけではないので、静岡方言でも「見して」を使うのであればごめんなさい)。

こういうちょっとしたワードチョイスに吉井和哉のセンスが光りますね。

Amazonで試聴できます。

『見して 見して』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/SICK

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/パラレルスペック

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sweetaholic girl

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/千以上の言葉を並べても…

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。