個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/Spray

投稿日:2020年1月5日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『Spray』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『Spray』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名Spray
演奏時間3:48
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢 & 佐藤宣彦

メジャー10thシングル。

『Spray』収録アルバム

アルバム名トラック#
Drug Treatment7
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【SOFT DISK】14
黒夢シングルズ10
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)10

オリジナルアルバム『Drug Treatment』の7曲目に”NEW TAKE”で収録。

※『Spray』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Spray』という曲名通り、やんちゃな勢いのある1曲。

スプレーと言えば、ギャングの必須道具の一つというイメージです。スケボーに乗りながらガムを噛み、右手でスプレーをカチャカチャと振っている姿を想像します(きっと偏見)。

このようなギャング的雰囲気のやんちゃさが、本作『Spray』から感じられるのです。

そんな本作『Spray』ですが、ベストアルバム『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』には“SOFT DISC”の方に収録されています。

ベストアルバム『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』は2枚組の作品で、ソフト目な楽曲を”SOFT DISC”に、ハード目な楽曲を”HARD DISC”に分けて収録しています。

本作『Spray』のスピード感のある曲調とか、反抗的な歌詞なんかから考えると、この楽曲は”HARD DISC”の方に収録されてもよさそうに思えるのですけどね。

でも、本作『Spray』は”SOFT DISC”の14曲目にしっかり収録されているのです。

『Spray』を軸に見ると、”SOFT DISC”と”HARD DISC”の境目というのは興味深いものがあります。

シングルがリリース順に並んだ『黒夢コンプリート・シングルズ』を聴くと、10thシングルの『Spray』は8thシングルの『Like @ Angel』とリリース時期的にも同じ路線の楽曲のように思えます。それに、どちらもオリジナルアルバムで言えば『Drug Treatment』収録という共通点もあります。

しかし、『Like @ Angel』の方は”HARD DISC”に収録なのです。

なぜ『Spray』はソフトな楽曲扱いで『Like @ Angel』はハードな楽曲扱いなのか…。これは個人的『黒夢』七不思議のひとつです。

Amazonで試聴できます。

『Spray』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ラストレター

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】GLAY/SOUL LOVE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ハナノユメ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/PRECIOUS…

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。