個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/Survive

投稿日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが、2007年にはハリウッド・ロック・ウォークへの殿堂入りも果たしています。もちろん、この殿堂入りは『B’z』が日本初。

まさに、ロックの本場でお墨付きをいただいた日本を代表するロックバンドと言えるでしょう。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『Survive』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

『Survive』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名Survive
演奏時間4:48
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志 & 徳永暁人

『Survive』収録アルバム

アルバム名トラック#
SURVIVE3

オリジナルアルバム『SURVIVE』の3曲目収録。

※『Survive』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作が収録されているアルバム『SURVIVE』と同名の楽曲(大文字・小文字の違いはありますが)。

#1 『DEEP KISS』、#2 『スイマーよ!!』とノリノリな楽曲が続いたところ、3曲目の本作『Survive』で流れが変わり、センチメンタルなイントロが流れ出します。

アルバム全体を一つの楽曲と捉えると、#1、#2がイントロで、アルバムと同名の#3 『Survive』から歌い出し…という感じがします。ノリノリな『DEEP KISS』や『スイマーよ!!』でリスナーのハートを掴み、その後でアルバムのメインテーマをじっくり聴かせる、そんな構成でしょうか。

本作『Survive』、スローテンポながらも美しい歌メロが非常に心地いい楽曲です。

『B’z』の楽曲はどれもキャッチーなサビを持っているのですが、アルバム『SURVIVE』収録曲は特に美しくて印象的なメロディーの楽曲が多いように感じます。そんな中、本作『Survive』はアルバムと同名のタイトルを与えられているだけあって格別なものがありますね。

アルバム『SURVIVE』のスローテンポ楽曲と言えばベストアルバム収録回数的にも#5 『ハピネス』の人気が高そうですが、個人的にはメロディーの好みを理由にこちらの『Survive』を推したいです。

『Survive』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/WITH LOVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ラストレター

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Red Angel

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/In the Air

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/シンデレラ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。