個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/スイマーよ!!

投稿日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが、2007年にはハリウッド・ロック・ウォークへの殿堂入りも果たしています。もちろん、この殿堂入りは『B’z』が日本初。

まさに、ロックの本場でお墨付きをいただいた日本を代表するロックバンドと言えるでしょう。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『スイマーよ!!』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

『スイマーよ!!』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名スイマーよ!!
演奏時間3:19
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志 & 徳永暁人

初出はアルバム『SURVIVE』。

その後、31stシングル『ultra soul』のカップリングに『スイマーよ2001!!』として再録されています。表題曲の『ultra soul』が世界水泳のテーマソングだった関係でしょうか。

『スイマーよ!!』収録アルバム

アルバム名トラック#
SURVIVE2
B’z The Best “ULTRA Treasure” (DISC 2)2

オリジナルアルバム『SURVIVE』の2曲目収録。

※『スイマーよ!!』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

シングル曲も顔負けなくらいキャッチーでかっこいい1曲、『スイマーよ!!』。

本作『スイマーよ!!』のような超ド級の楽曲がさらっとアルバムに収録されているのが『B’z』のおそろしいところ。

いや、ホント、21stシングルが『FIREBALL』じゃなくてこっちの『スイマーよ!!』だったらミリオン連続記録がもう少し伸びたんじゃないかと思うくらいです(ちなみに、私は『FIREBALL』大好きですよ。決して『FIREBALL』アンチではありません。念のため)。

打ち込みの機械的なドラムとスラップ混じりのファンキーなベースがいいですよね。本作『スイマーよ!!』のキャッチーさを底支えしているのは間違いなくリズム隊のおかげでしょう。

しつこさを感じさせることなく、それでいて物足りなさを感じるでもない、いい塩梅の聴き心地を演出してくれています。

あとは、なんと言ってもサビ一発目のボーカルですね。「感情の海」の”かーん”の部分。ここの吸引力は半端ないです。心がグイっと持っていかれます。

稲葉の声質の力なのか、ハーモニーの妙なのか…。魅力の秘訣はわかりませんが、本作『スイマーよ!!』のサビ一発目の破壊力はちょっと常識はずれなものを感じます。

誰が聴いても一発で覚えられるんじゃないかと思うくらいのインパクトが、このサビ一発目にはあります(断言)。

『スイマーよ!!』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/心ここに在らず

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RA-SE-N

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】黒夢/SPOON & CAFFEINE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Happy Birthday

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Vanity

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。