個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/GREEN MAN

投稿日:2017年5月6日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

 

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

 

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の5曲目、『GREEN MAN』のレビューです。

 

green

全体概要

基本情報

アーティスト ポケットビスケッツ
曲名 GREEN MAN
演奏時間 4:48
作詞 UDO&ポケットビスケッツ
作曲 TERU&パッパラー河合
編曲 パッパラー河合

作曲のクレジットに”TERU”とありますが、『GLAY』は関係ありません。ウッチャンナンチャンの内村光良のことです。

『GREEN MAN』という曲名は”未熟な男”という意味でしょうかね。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
THANKS 5
Colorful 8

『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の5曲目に収録されています。

 

レビュー

1stシングル『Rapturous Blue』、2ndシングル『YELLOW YELLOW HAPPY』、3rdシングル『Red Angel』と、これまでの『ポケットビスケッツ』の曲は千秋がボーカルを務めてきましたが、ここに来て4thシングルの『GREEN MAN』ではキャイーンのウド鈴木がボーカルを担当しています。『YELLOW YELLOW HAPPY』、『Red Angel』とミリオンヒットを続けて飛ばした後でボーカルを代えるという、まさかの冒険に出た格好です。

もし『B’z』が次の新曲で二人のパートを交代すると発表したらどうなるでしょうか。松本が歌い、稲葉がギターを弾くシングルを『B’z』名義で出す…世間へのインパクトは相当なものですよね。本作『GREEN MAN』でやっていることは、例えるならそういうことです 笑。バラエティー番組の企画発祥のユニットですが、やっていることはかなりロックですね。商業的な成功の後でも守りに入らない姿勢が非常にかっこいいです。

 

曲調はこれまでの『ポケットビスケッツ』らしく、エレクトロニックなサウンドがベースになっていますが、ギターの割合がちょっと多めです。

 

好き嫌いはあるでしょうが、以前の3作に比べると『GREEN MAN』はそこまで好きになれませんでした。千秋の歌詞とボーカルって偉大。

公式MVはyoutubeにアップされていませんが、Amazonで視聴できます。

 

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

 

『GREEN MAN』が収録されているアルバム『THANKS』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ポケットビスケッツ/THANKS

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/楽園

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】B’z/TIME

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/忙しくてよかった

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/口唇

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されこ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。