個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/GREEN MAN

投稿日:2017年5月6日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の5曲目、『GREEN MAN』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

green

『GREEN MAN』の全体概要

基本情報

アーティストポケットビスケッツ
曲名GREEN MAN
演奏時間4:48
作詞UDO & ポケットビスケッツ
作曲TERU & パッパラー河合
編曲パッパラー河合

4thシングル。

作曲のクレジットに”TERU”とありますが、『GLAY』は関係ありません。ウッチャンナンチャンの内村光良のことです。

『GREEN MAN』という曲名は”未熟な男”という意味でしょうかね。

『GREEN MAN』収録アルバム

アルバム名トラック#
Colorful8
THANKS5
THANKS 20th Edition 〜Pocket Biscuits Single Collection+4

オリジナルアルバム『Colorful』の8曲目に収録。

※『GREEN MAN』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

1stシングル『Rapturous Blue』、2ndシングル『YELLOW YELLOW HAPPY』、3rdシングル『Red Angel』と、これまでの『ポケットビスケッツ』の曲は千秋がボーカルを務めてきましたが、ここに来て4thシングルの『GREEN MAN』ではキャイーンのウド鈴木がボーカルを担当しています。

『YELLOW YELLOW HAPPY』、『Red Angel』とミリオンヒットを続けて飛ばした後でボーカルを代えるという、まさかの冒険に出た格好です。

…もし『B’z』が次の新曲で二人のパートを交代すると発表したらどうなるでしょうか。松本が歌い、稲葉がギターを弾くシングルを『B’z』名義で出す…世間へのインパクトは相当なものですよね。

しかし、本作『GREEN MAN』でやっていることは、例えるならそういうことです 笑。

バラエティー番組の企画発祥のユニットですが、やっていることはかなりロックだと思います。

商業的な成功の後でも守りに入らない姿勢が非常にかっこいいです。

曲調はこれまでの『ポケットビスケッツ』らしく、エレクトロニックなサウンドがベースになっていますが、ギターの割合がちょっと多めな感じ。

好き嫌いはあるでしょうが、以前の3作に比べると『GREEN MAN』はそこまで好きになれませんでした。

千秋の歌詞とボーカルって偉大。

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『GREEN MAN』収録アルバムレビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/極楽灯

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/真夏の扉

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IMITATION

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Smile Again

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。