アルバムレビュー

【アルバムレビュー】ポケットビスケッツ/THANKS

投稿日:2017年5月1日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

biscuit

『THANKS』の全体概要

アーティストポケットビスケッツ
アルバム名THANKS
発売日2000/3/24
収録曲数13
演奏時間54:30

2000年発売なので、20世紀の1枚ですね。

演奏時間はトータルで54:30。新幹線(こだま)で、東京・三島間くらいの時間です。

このアルバムを聴いていれば、東京を出て神奈川を通り越し、静岡に入るくらいまで行けちゃうわけですね。

レビュー

『THANKS』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1Overture-Millennium-★★★☆☆3
2Rapturous Blue★★★★★5
3YELLOW YELLOW HAPPY★★★★★5
4Red Angel★★★★★5
5GREEN MAN★★★☆☆3
6POWER★★★★★5
7Interlude -青の住人-★★★☆☆3
8青の住人★★★★☆4
9マーガレット★★★★★5
10まごころ★★★☆☆3
11My Diamond★★★★☆4
12Days★★★★★5
13ポケビのうた★★★☆☆3

ポケビのベストアルバムということで、ミリオンヒットを記録した『YELLOW YELLOW HAPPY』や『Red Angel』が収録されています!

#1、7、10はインスト曲(歌の入ってない曲)です。

#2~3が1stシングル~3rdシングルに相当しますが、ここは名曲の塊です!

このあたり、曲名に”色”が入っています。ブルー、イエロー、レッド、グリーン…まさに初代ポケモン 笑!

妙なところで“ポケット”つながり。偶然だと思いますが。

そういえば、『THE YELLOW MONKEY』とか『the brilliant green』とか、私自身、色のつくバンドが好きなのかもしれません 笑。

アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

アーティスト索引/the brilliant green

※『THANKS』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『THANKS』全体の感想

本作『THANKS』、シングルとしてリリースされた曲をメインに収録したベスト盤です。

とにかく『ポケットビスケッツ』名義でリリースされたシングルの完成度が高い!!

エレクトロニックなサウンドも聴いててかっこいいですし、バラエティー番組発のユニットとは思えない真面目な歌詞も素敵です!

取って付けたような言葉ではなく、『ポケットビスケッツ』としてのオリジナルな表現が込められています。

『ポケットビスケッツ』が活動していたころ、私はまだ小学生だったのですが、小学生なりに”いい曲だなぁ”って思ってました。

そして、今聴いてもやっぱりいい曲です!!

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『THANKS』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-アルバムレビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】相対性理論/シンクロニシティーン

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【アルバムレビュー】MALICE MIZER/merveilles

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【アルバムレビュー】Janne Da Arc/D・N・A

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【アルバムレビュー】GLAY/REVIEW-BEST OF GLAY

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。