アルバムレビュー

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

投稿日:2019年1月15日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

 

今回は、彼らのミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』のレビューです。

 

girl

全体概要

基本情報

アーティスト ゲスの極み乙女。
アルバム名 踊れないなら、ゲスになってしまえよ
発売日 2013/12/4

文章風の長いアルバム名が特徴的。

 

収録曲

収録曲の一覧です。

# 曲名 演奏時間
1 キラーボール 4:49
2 餅ガール 3:44
3 ゲスな三角関係 3:27
4 スレッドダンス 5:27
5 いこかなでしこ 1:21
6 jajaumasan 1:55
7 ハツミ 3:58
8 ホワイトワルツ 4:27

演奏時間はトータルで29:08。京浜東北線で、東京・鶴見間くらいの時間です。

 

『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』収録曲のMV

#1 キラーボール

 

#2 餅ガール

 

レビュー

テンションメーター

アルバムを通して聞いた時のテンションはこんな感じでした。5段階評価で各曲のテンションを可視化してみます。

# 曲名 テンションメーター
1 キラーボール           5
2 餅ガール           5
3 ゲスな三角関係           5
4 スレッドダンス           4
5 いこかなでしこ           4
6 jajaumasan           4
7 ハツミ           4
8 ホワイトワルツ           4

全体的にかっこいい曲ばかりの名盤!

 

総評

素直にいいと思えるアルバムです!

おしゃれでかっこいい雰囲気肩の力の抜けたおふざけのバランスが非常に絶妙な1枚だと思います。このバランス感覚が『ゲスの極み乙女。』の真骨頂だとすれば、それを存分に堪能できるのが本作『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』ではないでしょうか。

MVが用意されている#1 『キラーボール』がおしゃれでかっこいい楽曲代表、#2 『餅ガール』が肩の力の抜けた楽曲代表といったところですかね。どちらも最高の出来栄えだと思います。

 

ところで、本作『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の収録曲ですが、曲名がオヤジギャグっぽい造語が多いですよね。例えば、上述の『キラーボール』は”ミラーボール”をもじったもの、『餅ガール』は”森ガール”をもじったものと思われます(森ガールって言葉、最近はめっきり聞かなくなったな…)。

しかしながら、単に既存の言葉をもじった”言葉遊び”で終わるだけでなく、新しい造語に命を吹き込み、それをテーマとした楽曲が成立しているところはさすが川谷絵音です。

 

ということで、次は、『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』に収録されている各個別楽曲をレビューしていきたいと思います!

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/キラーボール

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/餅ガール

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ゲスな三角関係

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/スレッドダンス

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/いこかなでしこ

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/jajaumasan

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ホワイトワルツ

 

ゲスの極み乙女。のアルバムのレビュー、他にもやってます!

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/みんなノーマル

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/魅力がすごいよ

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】JUDY AND MARY/COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【アルバムレビュー】Every Little Thing/Every Best Single +3

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】GLAY/pure soul

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【アルバムレビュー】GARNET CROW/SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/REAL

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。