アルバムレビュー

【アルバムレビュー】MALICE MIZER/merveilles

投稿日:2018年6月18日 更新日:

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。

音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そんなV系バンドの中でも”魅せ方”という点で特に異端な存在を放っていたのが『MALICE MIZER』。度重なるメンバー入れ替えの末、2001年に活動を休止しました。

今回は、『MALICE MIZER』のオリジナルアルバム『merveilles』のレビューです。

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

grave

『merveilles』の全体概要

アーティストMALICE MIZER
アルバム名merveilles
発売日1998/3/18
収録曲数12
演奏時間49:20

メジャー1stアルバムにして『GACKT』在籍時のラストアルバム。

アルバム名の読み方は”メルヴェイユ”。おそらくフランス語。Google翻訳に『merveilles』で仏日翻訳をかけてみたところ“不思議”という日本語訳が返ってきました。

演奏時間はトータルで49:20です。横須賀線で、東京・大船間くらいの時間です。

レビュー

『merveilles』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1〜de merveilles★★★☆☆3
2Syunikiss〜二度目の哀悼〜★★★★★5
3ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜★★★★★5
4ILLUMINATI★★★★☆4
5Brise★★★★☆4
6エーゲ〜過ぎ去りし風と共に〜★★★★★5
7au revoir★★★★★5
8Je te veux★★★★☆4
9S-CONSCIOUS★★★☆☆3
10Le ciel★★★★☆4
11月下の夜想曲★★★★★5
12Bois de merveilles★★★★☆4

フランス語由来の曲名が多く、全然読めません! 笑

個人的なお気に入りは#2 『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』、#3 『ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜』、#7 『au revoir』です。

※『merveilles』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『merveilles』全体の感想

イロモノ的なイメージのあるV系ですが、そうは言ってもロックを基調とした音楽をやるバンドという点はV系というジャンルの暗黙的ルールでした。

そんな暗黙的ルールを破壊したのが…そう、『MALICE MIZER』

彼らのメジャー1stアルバムである本作『merveilles』を聴いていただければその意味が分かると思います。

『merveilles』の収録曲12曲で実に自由に『MALICE MIZER』の世界観を表現しており、ギターよりもシンセサイザーが適切に世界観を描けると判断したなら、遠慮なくギターを放り投げています 笑。

また、これも本作『merveilles』を聴いていただければわかりますが、『MALICE MIZER』というバンド、非常にクラシック要素が強いです。

クラシックをバックグラウンドに据えたバンドといえば、やはり『X JAPAN』ですかね。今や世界的に評価されるに至った日本を代表するバンドです。

『MALICE MIZER』も『X JAPAN』と同じくクラシック的な要素をふんだんに取り入れていますが、その取り入れ方は『X JAPAN』とは全く異なる方向性を持っています。

なんというか、『MALICE MIZER』の方がクラシック特有の取っ付きにくさを含め、そのままガチで突っ込んできています(絶望的語彙力不足)。

いつか、『X JAPAN』とは全く別の角度でクラシックを取り入れたバンドとして『MALICE MIZER』が再評価される日が来る…かもしれません。

『merveilles』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】X JAPAN/BLUE BLOOD

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【アルバムレビュー】ポケットビスケッツ/THANKS

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【アルバムレビュー】Every Little Thing/Every Best Single +3

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】B’z/SURVIVE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/True

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。