個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/au revoir

投稿日:2018年6月26日 更新日:

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。

音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そんなV系バンドの中でも”魅せ方”という点で特に異端な存在を放っていたのが『MALICE MIZER』。度重なるメンバー入れ替えの末、2001年に活動を休止しました。

今回は『au revoir』の個別楽曲レビューです。

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

tree

『au revoir』の全体概要

基本情報

アーティストMALICE MIZER
曲名au revoir
演奏時間4:52
作詞Gackt.C
作曲Mana
編曲MALICE MIZER & 島田陽平

メジャー2ndシングル。

曲名の読み方は”オ・ルヴォワール”。フランス語で”さようなら”の意味。

『au revoir』収録アルバム

アルバム名トラック#
merveilles7
La Collection des Singles3
La Meilleur Selection de MALICE MIZER12

オリジナルアルバム『merveilles』の7曲目に収録。

また、ファン投票によって選曲されたベストアルバム『La Meilleur Selection de MALICE MIZER』にも収録されています。

※『au revoir』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ピアノとストリングスを中心に構成した、欧州の香り漂う『MALICE MIZER』らしい1曲、『au revoir』。

クラシックっぽい楽器が使われていますが、ドラムはけっこう激しめでテンポも速め。『MALICE MIZER』なりに解釈した”クラシックとロックの融合”的な楽曲と言えるかもしれません。

野蛮さの無い、お上品なクラシックロックです。

1stシングル『ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜』と同じくリーダーのMana様が作曲を担当しています。

『ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜』はポップスの枠をはみ出るほどにカオス個性的な楽曲でしたが、本作『au revoir』はかなり王道な構成

Aメロ、Bメロ、サビが存在して、ちゃんとサビに向かうにつれて盛り上がっていきます。

アルバム『merveilles』の7曲目収録ですが、丁度いいポジションですよね。

序盤から『MALICE MIZER』の個性的な楽曲が連続する中、ちょっと一息のつける聴きやすい楽曲が7曲目で登場するので、より一層『au revoir』の王道さが際立ちます。

『au revoir』収録アルバムレビューリンク

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/アバンギャルドで行こうよ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DRAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HAPPINESS

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】hide/BACTERIA

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。