個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Syunikiss〜二度目の哀悼〜

投稿日:2018年6月20日 更新日:

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。

音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そんなV系バンドの中でも”魅せ方”という点で特に異端な存在を放っていたのが『MALICE MIZER』。度重なるメンバー入れ替えの末、2001年に活動を休止しました。

今回は『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』の個別楽曲レビューです。

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

weeping

『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』の全体概要

基本情報

アーティストMALICE MIZER
曲名Syunikiss〜二度目の哀悼〜
演奏時間4:12
作詞Gackt.C
作曲Yu〜ki
編曲MALICE MIZER & 島田陽平

アルバム『merveilles』の中では唯一のYu〜ki作曲作品。

『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
merveilles2
La Meilleur Selection de MALICE MIZER8

オリジナルアルバム『merveilles』の2曲目に収録。

また、非シングル曲ながら、ファン投票によって選曲されたベストアルバム『La Meilleur Selection de MALICE MIZER』にも収録されています。

※『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

壮大なオーケストラで『MALICE MIZER』らしさ全開の1曲、『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』。

メジャー1stアルバム『merveilles』の2曲目に収録されていますが、1曲目が1分程のインスト曲『〜de merveilles』でしたので、本作『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』が実質の1曲目のようなポジションです。

『MALICE MIZER』というバンドのメジャー1stアルバム、その実質1曲目なのに、オーケストラをがっつり用いたサウンドで全くロックバンドらしからぬ楽曲になっています 笑。

ギターソロで申し訳程度にギターの音が聞こえる程度。

ただ、私はかなり好きなんですよね、本作『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』。

オーケストラって言葉だけ見ると、ちょっと眠そうなイメージがあるかもしれませんが、本作『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』は思いのほかスピード感があります。

それも、取って付けたように高速のドラムとオーケストラを組み合わせているわけではなく、スピード感を演出するリズムとオーケストラの演奏が噛み合うような作りになっているんです。

ドラムの手数は割と少な目だけど、バイオリンが細かく刻んでいるとか、そういう各楽器のリズムの取り方がこのスピード感を生んでいるのでしょうね。

ところで、本作『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』、曲名に「Syunikiss」という聞いたことのない単語が出てきます。英語っぽいけど英和辞書に載っていなかったので、おそらく『MALICE MIZER』の造語なのでしょう。

『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』のミュージカルみたいな歌詞の世界観を表している造語と思われますが…私には解読できませんでした 笑。

『Syunikiss〜二度目の哀悼〜』収録アルバムレビューリンク

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


  1. ゆうじ より:

    主に帰すでsyunikissだったのを思い出しました!雑誌のインタビューでGACKTが言ってたような気がします。

    • キャスター より:

      ゆうじさん

      貴重なコメントありがとうございます!
      なるほど、この楽曲名にはそういう由来があったんですね。
      そりゃ、英和辞書に載っていないわけです 笑。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/JUNK ART

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ここだけの話

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Overture-Millennium-

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Brand New Wave Upper Ground

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ツマサキ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。