個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

投稿日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。

2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが、とどまることなくコンスタントに活動を続けるユニットというのは、今や希少な存在ではないでしょうか。

 

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Rescue me』のレビューです。

 

life-saver

全体概要

基本情報

アーティスト Every Little Thing
曲名 Rescue me
演奏時間 4:17
作詞 五十嵐充
作曲 五十嵐充
編曲 五十嵐充

アルバム『eternity』が初出ですが、その後15thシングルとして新たに”Single Mix”となりリリースされました。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2) 4
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2) 4
Every Best Single 2 3
eternity 7

3rdアルバム『eternity』の7曲目に収録。

 

レビュー

独特な単語選びが印象的な楽曲、『Rescue me』。

言葉選びの独特さという観点で見れば、アルバム『eternity』収録曲の『Get Into A Groove』と似たような立ち位置ですね。

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Get Into A Groove

『Rescue me』も『Get Into A Groove』も、普段よく使う言葉だけど、歌詞にはあまり使われない言葉を盛り込んでいる点で共通しています。

 

『Rescue me』の耳を惹くワードと言えば、やはり「近所のオバサン」というフレーズではないでしょうか。2番の、しかもサビで登場するフレーズです。

「オバサン」というワードで連想する最も有名な楽曲は『森高千里』の『私がオバさんになっても』だと思います。

この楽曲が証明しているように、「オバサン」というワードを音楽に乗せると、けっこう印象に残る響きをするんですよね。それとおそらく同じ理由なのでしょう、本作『Rescue me』に登場する「近所のオバサン」というフレーズにも、やはり耳を奪われてしまいます。しかも、「近所の」という形容詞が付くことで、よりリアルな”オバサン感”が醸し出されています 笑。

さらに、本作『Rescue me』はクールなシンセサウンドに乗っかって「近所のオバサン」というフレーズが出てくるんですよね。このサウンドと言葉のギャップが相まって、私の中で「近所のオバサン」がキラーフレーズと化しています 笑。

 

『Rescue me』が収録されているアルバム『eternity』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】Every Little Thing/eternity

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/LOVE PHANTOM

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/太陽のKiss

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/I’m In Heaven

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。