個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/春を愛する人

投稿日:2018年2月9日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュースしたあのYOSHIKI率いる『X JAPAN』を超えたと言っても過言ではないでしょう。(もちろん、CDがたくさん売れた方が偉いとか、そういった話をつもりはないです。あくまで数字的な観点で。)

今回は、『GLAY』の楽曲、『春を愛する人』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

spring

『春を愛する人』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名春を愛する人
演奏時間5:02
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

初収録はアルバム『BELOVED』ですが、その後、11thシングル『口唇』のカップリングとして収録されています。

『春を愛する人』収録アルバム

アルバム名トラック#
BELOVED9
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 2)10
rare collectives vol.1 (Disc-1)8
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)13
MUSIC LIFE (BALLADE BEST☆MELODIES)8
REVIEW II -BEST OF GLAY- (TAKURO盤)8

オリジナルアルバム『BELOVED』の9曲目に収録。

非シングル表題曲でありながら、様々なベストアルバムに収録されています。ただし、売れに売れたベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』には未収録。

※『春を愛する人』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GLAY』の曲名って、例えば『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』なんかを見てもわかるように、正直ダサいと感じるものが多々あります(このダサさ、一周回って”かわいい”と私は思うんですが、それはまた別の話)。

しかし、本作『春を愛する人』はなかなかセンスのいい曲名ではありませんかね?ちょっとした小説のタイトルみたいです。

女「ねえねえ、おれくんの好きな曲って何?」
男「おれ?そうだな、GLAYの春を愛する人…かな」
女「え…素敵!

…という感じの会話も難なく成立こと間違いなし!

カッコつけたい場面でこの曲の名前を出しても、全然大丈夫な響きです。

一方、『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』では、ちょっとこうは行きませんよ。

女「ねえねえ、おれくんの好きな曲って何?」
男「おれ?そうだな、GLAYの千ノナイフガ胸ヲ刺ス…かな」
女「え…チョット ナニイッテルカ ワカンナイデス コワイ」

せっかくの会話もこんな感じの反応で終わってしまうでしょう…(誤解なきよう言っておきますが、私は『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』という楽曲に恨みがあるわけではありません)。

それはさておき、本作『春を愛する人』、曲名に”春”とついていながら、歌詞中に“桜”という言葉が一言も出てこないんですよね。春をテーマにした邦楽にしては珍しいパターンです。

しかし、こういった、安易な桜礼賛ソングではないところが、『春を愛する人』の名作たる所以なのではと思います。

「生きてく事」に対して、『GLAY』らしい優しい結論を教えてくれる『春を愛する人』。それでいて、曲調は深刻にならずかつ壮大過ぎず、いい意味で耳当たりの良いポップスに仕上がっているのがいいですね。

何度でも聴きたくなる、間違いない名曲です!

『春を愛する人』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/OBLAAT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/セ■クスレスデス

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ROUTE 666

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FREAKS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SELVES

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。