個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/月下の夜想曲

投稿日:2018年7月3日 更新日:

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。

音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そんなV系バンドの中でも”魅せ方”という点で特に異端な存在を放っていたのが『MALICE MIZER』。度重なるメンバー入れ替えの末、2001年に活動を休止しました。

今回は『月下の夜想曲』の個別楽曲レビューです。

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

doll

『月下の夜想曲』の全体概要

基本情報

アーティストMALICE MIZER
曲名月下の夜想曲
演奏時間3:43
作詞Gackt.C
作曲Közi
編曲MALICE MIZER & 島田陽平

3rdシングル。

曲名の読み方は”げっかのやそうきょく”。ちなみに、「夜想曲」とは英語でいうところの”ノクターン”に相当するそうです。

『月下の夜想曲』収録アルバム

アルバム名トラック#
merveilles11
La Collection des Singles5
La Meilleur Selection de MALICE MIZER13

オリジナルアルバム『merveilles』の11曲目に収録。

また、ファン投票によって選曲されたベストアルバム『La Meilleur Selection de MALICE MIZER』にも収録されています。

※『月下の夜想曲』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

クラシック的要素をふんだんに盛り込みながらも非常にキャッチーに仕上がった1曲、『月下の夜想曲』。

言葉の定義というか、言葉のイメージというか、そんな問題なんでしょうけど、本作『月下の夜想曲』って、決してポップじゃないと思うんです。でも、間違いなくキャッチー

J-POPらしからぬアレンジゆえに馴染みやすい曲というわけではないけど、でも耳に残る、そんな楽曲。

アップダウンの激しい凹凸のはっきりしたメロディーと、それに合わせて緩急をつけてくるオケのアレンジ。このしつこい味付けがミュージカルっぽいなと感じます。

ウケ狙いの楽曲ではないのですが、感情の表現が大げさすぎてどことなくコメディーの香りが漂うような勢いです。

口を一文字に閉じてバイオリンを弾いてそうな『MALICE MIZER』の面々ですが、本作『月下の夜想曲』はその近寄りがたい印象とは一線を画す1曲でしょう。

なかなかにクセが強い本作『月下の夜想曲』、好みはわかれるでしょうが私はけっこう好きです 笑。

『月下の夜想曲』収録アルバムレビューリンク

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/COME ON!!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】hide/FROZEN BUG ’93 (DIGGERS VERSION)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MOTHER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】ZONE/大爆発 NO.1

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Hello Another Way -それぞれの場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。