個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Bois de merveilles

投稿日:2018年7月4日 更新日:

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。

音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そんなV系バンドの中でも”魅せ方”という点で特に異端な存在を放っていたのが『MALICE MIZER』。度重なるメンバー入れ替えの末、2001年に活動を休止しました。

今回は『Bois de merveilles』の個別楽曲レビューです。

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

forest

『Bois de merveilles』の全体概要

基本情報

アーティストMALICE MIZER
曲名Bois de merveilles
演奏時間1:54
作詞Gackt.C
作曲MALICE MIZER
編曲MALICE MIZER & 島田陽平

演奏時間は2分に満たないほど短いのですが、インスト曲ではなく歌入りの楽曲。

アルバム『merveilles』収録曲の中では唯一作曲のクレジットが『MALICE MIZER』表記になっています。

『Bois de merveilles』収録アルバム

アルバム名トラック#
merveilles12

オリジナルアルバム『merveilles』の12曲目に収録。

本作『Bois de merveilles』がアルバム『merveilles』の最終トラックになります。

※『Bois de merveilles』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

このイントロ、どこかで聴いたことがあるような…。

ズンチャッチャー・ズンチャッチャーというリズムも含めて、クラシックか何かのオマージュなんじゃないかと思うくらい、既視感のあるイントロ…。しかし私の音楽ボキャブラリーが少なすぎて答えに辿り着けない…。

本作『Bois de merveilles』、そんなもどかしさを感じる楽曲です。

さて、曲名の『Bois de merveilles』ですが、もちろん例のごとくフランス語です。

Google翻訳の仏英変換にかけてみたところ、”Wood of wonders”という答えが返ってきました。日本語にすると、“不思議の森”といったところでしょうか。RPGのダンジョンに付けられていそうな名前ですね  笑。

“Wood”という言葉はけっこう訳が難しい単語です。

『The Beatles』の作品に『Norwegian Wood』というタイトルのついたものがありますが、この楽曲には『ノルウェーの森』という日本語訳が付けられています。”Wood”を”森”と訳したわけですね。

しかし、正しくは”木材”と訳すのが的確だという説があります。楽曲の歌詞中に出てくるのは”木々がうっそうと生い茂る森”ではなく、”ノルウェー産の木材で内装された部屋”なので、”Wood”は”森”ではなく”木材”と訳す(もしくはもう少し意訳して”家具”と訳す)のが正確だろう、という説です。

翻って本作『Bois de merveilles』はどうなのか。「Bois」の英訳である”Wood”は”森”と訳してよいのか…。答えはYesでしょう。

なぜなら、本作『Bois de merveilles』の歌詞はしっかりがっつり日本語で書かれており、歌詞中にずばり「森」という言葉が出てくるからです!

ありがたや 笑!

『Bois de merveilles』収録アルバムレビューリンク

※『MALICE MIZER』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/MALICE MIZER

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/シンクロニシカ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/BELIEVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/MERMAID

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/LOVER SOUL

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】B’z/Pleasure’91 〜人生の快楽〜

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。