個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/STAY AWAY

投稿日:2017年6月20日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『STAY AWAY』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

ballet

『STAY AWAY』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名STAY AWAY
演奏時間3:59
作詞hyde
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

20thシングル。

MVのダンスが印象的です。2000年リリースの曲なので、今見るとCGの処理に不自然なところが目立ちますが、当時はかなり衝撃的でした。

『STAY AWAY』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL7
Clicked Singles Best 1312
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-200014
TWENITY (2000-2010)3
WORLD’S BEST SELECTION9

オリジナルアルバム『REAL』の7曲目に収録。

※『STAY AWAY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

私が勝手に“ラルク進行”と呼んでいるコード進行が多用された1曲、『STAY AWAY』。

ラルク進行ってのは、メジャーコードを3つ、1音ずつ上昇するように繋げる進行です。ちょっと作曲家っぽい言葉を使うなら”Ⅵ♭→Ⅶ♭→Ⅰ”という表現になりますかね。キーが”C”なら、”A♭→B♭→C”というコード進行になります。

この進行、『STAY AWAY』以外だと、『虹』のCメロや『DIVE TO BLUE』の大サビに使われています。

お手元に楽器があれば弾いてみてください。独特の浮遊感がラルクっぽいです。

本作『STAY AWAY』のサビはずっとこの進行です。

このラルク進行をある意味愚直に繰り返すことで、浮遊感とともにシンプルなロックの力強さを共存させているように思います。

そして最後のサビで転調を入れ、曲全体のメリハリをつけてるところも憎いですね。繰り返しのコード進行で聴き手が浮遊感に慣れ切ったところでさらにもう一段上へ浮遊するといった感じです。

Amazonで試聴できます。

『STAY AWAY』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Neurotic Celebration

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ROUTE 666

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/fate

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/青い空の下…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。