個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Romantist Taste

投稿日:2019年2月26日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉って、元は東洋人を差別する言葉なわけで。

もしGoogle先生がこのバンド名を差別表現にあたると分類し始めたら、『THE YELLOW MONKEY』の記事をバンバン上げている私のサイトはインターネット上から抹消されるでしょう。…そのときは、お察しください。

今回は、アルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の10曲目、『Romantist Taste』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

neurons

『Romantist Taste』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Romantist Taste
演奏時間5:05
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『THE YELLOW MONKEY』の記念すべき1stシングル。

また、イエモン解散後から復活前の期間中、イエモンデビュー20周年を記念してリミックス版の『Romantist Taste 2012』というシングルがリリースされています。

『Romantist Taste』収録アルバム

アルバム名トラック#
THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE10
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act II)13
THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION1

オリジナルアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE』の10曲目に収録。

※『Romantist Taste』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

リズム隊のフェードインで幕を開ける楽曲、『Romantist Taste』。

アウトロがフェードアウトする楽曲は多々あれど、イントロがフェードインする楽曲というのは珍しいですね。

そしてオープニングから強調されるこの“ジャンガ ジャンガ…”というリズム(アンガールズではない)、これこそが『Romantist Taste』の大きな特徴だと思います。

本作『Romantist Taste』、カタカナでいっぱいの歌詞、つまり、外来語で溢れている歌詞なので、基本は日本語で構成されているとは言え、直感的に日本語としてスッと耳に入って来る内容とは言い難いです。親しみにくい歌詞と言い換えてもいいかもしれません。

一方、楽曲を通して根底を流れる“ジャンガ ジャンガ…”というリズム、これが歌詞とは反対に実に日本的なのです。盆踊り的と言うか、音頭的と言うか…正直言って割とダサいと感じるリズム。そう、ダサいと感じるのですが、この”ジャンガ ジャンガ”に大和魂が嫌でも反応してしまう、そんなリズムでもあるのです…!

何が言いたいかというと、本作『Romantist Taste』は意味が分かりにくくて親しみにくい歌詞ダサいんだけど嫌でも親しみやすいリズムを融合させた楽曲なんだということです。

それ故に、“遠いようで身近に感じる”というこの楽曲でしか味わえない唯一無二の体験を、本作『Romantist Taste』はリスナーに提供してくれるわけです。

歌謡曲風ロックと呼ばれるイエモンの音楽ですが、1stシングルの本作『Romantist Taste』では、それが確信犯的に仕組まれてパッケージ化されている、そんな風に思います。

『Romantist Taste』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ILLUMINATI

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Get Into A Groove

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/神経がワレル暑い夜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/小さな頃から

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。