個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/Yes, Summerdays

投稿日:2018年11月26日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

今回は、『GLAY』の楽曲、『Yes, Summerdays』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

young-woman

『Yes, Summerdays』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名Yes, Summerdays
演奏時間5:13
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

6thシングルの表題曲。

『Yes, Summerdays』収録アルバム

アルバム名トラック#
BEAT out!2
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)7

オリジナルアルバム『BEAT out!』の2曲目に収録。

『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』が出るまで、長い間(14年程)ベストアルバム未収録のシングル楽曲でした。

※『Yes, Summerdays』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

CMタイアップがつき、約23万枚のスマッシュヒットを記録したシングル作品が本作『Yes, Summerdays』。

理由はわかりませんが、MVが2種類存在します。2種類とも公式がyoutubeにアップロードしていますので、気兼ねなく試聴できます。

↑これと、

↑これ。

同じ楽曲のMVなのに、やたら再生回数に差がありますね 笑。

楽曲の方は、CMに採用されただけあって非常にキャッチーです。

サビのメロディーもそうなのですが、個人的にはサビに入る前、歌メロの音程が一気に上がるところがこの楽曲の一番キャッチーなところなんじゃないかなと感じます。”来るぞ来るぞ…!”という期待がどんどん膨らんでいく、秀逸なサビへの導入ではないでしょうか。

それから、最後のサビが終わった後、「Fallin Love」と繰り返すところもキャッチーですよね。かなり印象的なメロディーなのに、サビで繰り返し使用するという手法は採らず、必殺技的にガツンとブチ込む感じが気持ちいい!

本作『Yes, Summerdays』、“出し惜しみせず、手元に今あるものをとにかく突っ込みました”というくらい、キャッチーのマシマシ楽曲です。6thシングルでそんなことをしておきながら、全くネタ切れにならず今に至る『GLAY』って、やっぱり怪物ですね…。

『Yes, Summerdays』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ツマサキ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】B’z/RUN

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】B’z/いつかのメリークリスマス

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。