個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Round and Round

投稿日:2018年6月12日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Round and Round』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

carousel

『Round and Round』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Round and Round
演奏時間3:25
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Takeyuki Hatano

アルバム『True』収録曲の中で最も演奏時間が短い楽曲が本作『Round and Round』。

『Round and Round』収録アルバム

アルバム名トラック#
True3

オリジナルアルバム『True』の3曲目に収録。

※『Round and Round』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

初期ラルクの”触れたら壊れそうな美少年”的イメージとは裏腹に、やんちゃな一面を見せ始めた楽曲が本作『Round and Round』。

そのやんちゃっぷりが最もよくわかるのが、やはり言葉使いでしょうか。なんと、「ママ」というワードが出てきます…!

いや、確かに2019年現在のラルクなら、歌詞に「ママ」という言葉が出てきたって驚きはしないです。

しかし、本作『Round and Round』は1996年の作品なんです。メジャー1stアルバムの『Tierra』で空中浮遊願望を披露してからまだ2年程しか経っていない、そんなタイミングです。

俗世からの解脱に成功した方々かと思いきや、いつの間にか庶民的なワード「ママ」を使う程にまでこちら側に来ていたのですね…。

アルバム『True』のリリース当初、以前に比べてポップになったと言われていましたが、その理由にはこういった“言葉使いの変化”が一つの要因になっていたのでしょう。

ただ、この『True』がラルクとして初めてのミリオンヒットを記録し、その後日本を代表するロックバンドにまで成長したことを考えると、ポップ方面への路線変更は間違った選択ではなかったと思われます。

そんなラルクの歴史に思いを馳せながら、”ラルクのバンドとしての岐路”という観点で今一度本作『Round and Round』を聴いてみると、また新しい感想が生まれるかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『Round and Round』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LAMENTABLE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Rhythm

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/FUNNY GIRLFRIEND!!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ノーマルアタマ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/仮面劇

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。