個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Round and Round

投稿日:2018年6月12日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Round and Round』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

carousel

『Round and Round』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Round and Round
演奏時間3:25
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Takeyuki Hatano

アルバム『True』収録曲の中で最も演奏時間が短い楽曲が本作『Round and Round』。

『Round and Round』収録アルバム

アルバム名トラック#
True3

オリジナルアルバム『True』の3曲目に収録。

※『Round and Round』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

初期ラルクの”触れたら壊れそうな美少年”的イメージとは裏腹に、やんちゃな一面を見せ始めた楽曲が本作『Round and Round』。

そのやんちゃっぷりが最もよくわかるのが、やはり言葉使いでしょうか。なんと、「ママ」というワードが出てきます…!

いや、確かに2019年現在のラルクなら、歌詞に「ママ」という言葉が出てきたって驚きはしないです。

しかし、本作『Round and Round』は1996年の作品なんです。メジャー1stアルバムの『Tierra』で空中浮遊願望を披露してからまだ2年程しか経っていない、そんなタイミングです。

俗世からの解脱に成功した方々かと思いきや、いつの間にか庶民的なワード「ママ」を使う程にまでこちら側に来ていたのですね…。

アルバム『True』のリリース当初、以前に比べてポップになったと言われていましたが、その理由にはこういった“言葉使いの変化”が一つの要因になっていたのでしょう。

ただ、この『True』がラルクとして初めてのミリオンヒットを記録し、その後日本を代表するロックバンドにまで成長したことを考えると、ポップ方面への路線変更は間違った選択ではなかったと思われます。

そんなラルクの歴史に思いを馳せながら、”ラルクのバンドとしての岐路”という観点で今一度本作『Round and Round』を聴いてみると、また新しい感想が生まれるかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『Round and Round』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/8cmのピンヒール

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ミス・パラレルワールド

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/列車クラシックさん

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Oh! Golden Boys

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。