個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/call my name

投稿日:2017年8月22日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。世間的には地味なイメージを持たれてそうですが、楽曲はとても味わい深くて、飽きずに長くお付き合いできますよ。

今回は、アルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の2曲目、『call my name』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

rembrandt

『call my name』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名call my name
演奏時間4:51
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

8thシングル。

アニメ”PROJECT ARMS”のエンディングテーマ。

『call my name』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜2
Best (Disc 1)11
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)8
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜 (Disc 1)8
GARNET CROW REQUEST BEST (DISC 2)12

オリジナルアルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の2曲目に収録。

他にも様々なベストアルバムに収録されています。

※『call my name』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GARNET CROW』のシングルとして、サビで始まるのは本作『call my name』が初めてではないでしょうか。

『GARNET CROW』って、サビを頭に持ってくる手法をあまり使わないイメージがありますよね。静かにイントロから入って、じわじわとサビにもっていく印象です。

『call my name』の頭のサビに「Rembrandt」という単語が出てきます。これは、17世紀のオランダの画家、”レンブラント”のことを指していると思われます。ああ、もう少し言えば、”レンブラントの描いた絵”を指しているというのが正しいですかね。

私、ここの部分、歌詞を見みるまでなんて歌っているのかわかりませんでした 笑。

頭のサビと言えば、初めて聴いたときはここがサビだとはわからなかったですね。

メロディーに盛り上がりがないわけでなく、まるでAメロかのような、静かな入り方をするんです。こういう曲の構成も、丁寧な楽曲づくりをしている『GARNET CROW』ならではの持ち味だと思います。

『call my name』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/卒業

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Butterfly’s Sleep

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/女子たちに明日はない

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/One

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/sweetaholic girl

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。