個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/いこかなでしこ

投稿日:2019年1月23日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

 

今回は、『いこかなでしこ』の個別楽曲レビューです。

 

dianthus

全体概要

基本情報

アーティスト ゲスの極み乙女。
曲名 いこかなでしこ
演奏時間 1:21
作詞 MC.K
作曲 MC.K
編曲 ?

作詞作曲のMC.Kは川谷絵音の別名。

本作『いこかなでしこ』がアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の中で最も演奏時間の短い楽曲です。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
踊れないなら、ゲスになってしまえよ 5

『ゲスの極み乙女。』2ndミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の5曲目に収録。

 

レビュー

『ゲスの極み乙女。』によくある歌無しセリフ系楽曲『いこかなでしこ』。

一応CDの歌詞カードには本作『いこかなでしこ』の歌詞が記載されているのですが、それを川谷絵音が歌っているわけでもありませんし、演奏時間の長さ的にもインスト系の楽曲という聴き心地です。

 

本作『いこかなでしこ』、曲名にメンバーの名前(ほな・いこか)が入っている点を見ると、内輪のノリがいかにも強そうな楽曲に思えます。”いこか様がどうしたこうした”みたいな、ファンならクスっとくるであろう内容を狙った歌詞(セリフ)を実装した楽曲を曲名から想像してしまうんですよね。

しかし、その実態は”不思議なセリフをひたすらに繰り返す”という、どちらかと言えば電波系の楽曲です。もちろん曲名に入っているメンバー(ほな・いこか)のパーソナリティが全く関係ないというわけではないと思いますが、そこは知らなくても全然問題なく着いてこれる作品です。

なので、曲名の割には、内輪ノリが苦手な人でも安心して楽しめる楽曲と言えそうです。事実、私も内輪ノリの激しい楽曲は苦手なんですけど、この楽曲に対してはそのアレルギー反応はありませんでした。

 

あと、本作『いこかなでしこ』、冒頭のギターがかっこいいです。

私の場合、『ゲスの極み乙女。』の楽曲はピアノとベースのかっこよさに惹かれることが多いのですが、本作のようにギターに惹かれた作品というのはけっこう珍しいです。

そういう意味でも、印象に残っている楽曲ですね。

 

『いこかなでしこ』が収録されているアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/SOUL LOVE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/GIRLIE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】GLAY/FRIEDCHICKEN & BEER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】B’z/ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HEAVY GAUGE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。