個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/まごころ

投稿日:2017年5月11日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の10曲目、『まごころ』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

guitar

『まごころ』の全体概要

基本情報

アーティストポケットビスケッツ
曲名まごころ
演奏時間2:51
作詞
作曲和田薫
編曲和田薫

キャイーンのウド鈴木が『ポケットビスケッツ』のソロとして出したシングル曲です。クラシックギターのインストになります。

『まごころ』収録アルバム

アルバム名トラック#
THANKS10
THANKS 20th Edition 〜Pocket Biscuits Single Collection+9, 10

オリジナルアルバム未収録。

『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の10曲目に”-THANKS Version-“で収録されています。

また、『THANKS 20th Edition 〜Pocket Biscuits Single Collection+』の10曲目には”Classic Version”で収録。

※『まごころ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

驚きなのは、このクラシックギターインスト曲がシングルとして発売されていたこと!

当時の『ポケットビスケッツ』の知名度をもってしてもこれは挑戦的すぎるでしょう…。それでも7万~8万枚ほど売り上げたそうで、今なら週によってはオリコン1位も狙える規模ですね 笑。

さて、楽曲自体はというと…なんとも言えません 笑!

別に、インスト曲を普段聴かないからレビューのしようが無いわけじゃないですよ。しかし、クラシックギターメインのインストで単音メロディーをただただ奏でる曲は…という感じです。

メロディー自体はきれいで聴きやすいです。歌詞をつけて歌メロにしたほうが活きそうなくらい。

もしも『ポケットビスケッツ』が復活するようなことがあれば、『まごころ』の歌詞付き歌ありバージョンをアルバムに仕込んでくれると、ちょっと粋かな、なんて思ったりします。

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『まごころ』収録アルバムレビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/青い空の下…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】ZONE/H・A・N・A・B・I 〜君がいた夏〜

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HANG ONTO YOURSELF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/CANDY

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。