個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/POWER

投稿日:2017年5月7日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の6曲目、『POWER』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

books

『POWER』の全体概要

基本情報

アーティストポケットビスケッツ
曲名POWER
演奏時間4:56
作詞CHIAKI & ポケットビスケッツ
作曲パッパラー河合
編曲パッパラー河合

5thシングル。

本作『POWER』はオリコンチャートで週間1位を獲得し、最終的な売り上げは90万枚にのぼります。この数字は東京23区で最も人口の多い世田谷区の人口に匹敵する数字。

それでも『ポケットビスケッツ』のリリースしたシングルの中では『YELLOW YELLOW HAPPY』、『Red Angel』に次ぐ3位に位置していることから、『ポケットビスケッツ』がいかにモンスターユニットであったか想像できますね。

『POWER』収録アルバム

アルバム名トラック#
THANKS6
THANKS 20th Edition 〜Pocket Biscuits Single Collection+5

オリジナルアルバム未収録。

※『POWER』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『ポケットビスケッツ』といえばやはり『YELLOW YELLOW HAPPY』ですが、本作『POWER』も負けず劣らずの名曲です

歌詞がとにかく素晴らしい!

特に2番サビの歌詞。ここがロマンチックかつ切ない感じがして大好きです!

曲調は、ポップだけど壮大という雰囲気です。

Aメロ、Bメロはポップでリズミカル、サビは壮大でかっこいいという感じでしょうか。

後半の盛り上がりもいいですね。「どーうーかー」でタメてサビに入り、最後のサビはブレイク後に転調までして、これでもかと聴き手のテンションを上昇させます。

『POWER』が世に出て20年近く経っても、こんなふうにカバーされたりもしています。『ポケットビスケッツ』が音楽シーンにしっかり足跡を残している証だと思います。

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『POWER』収録アルバムレビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SHINE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/人生の終わり(FOR GRANDMOTHER)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/眠りによせて

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/Last Love Letter

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/CANDY

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。