個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MOTHER

投稿日:2018年6月8日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの後継として『X JAPAN』に加入したことも大きな話題になりました。ヴィジュアル系の歴史を作った2大バンド両方に席を持つって、冷静に考えるとすごいことです。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『MOTHER』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

maria

『MOTHER』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名MOTHER
演奏時間5:19
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

5thシングル。本楽曲と同名のアルバム『MOTHER』からのシングルカット。

『MOTHER』収録アルバム

アルバム名トラック#
MOTHER10
SINGLES (Disc 1)5
SLOW6
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 1)5
LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best -THE ONE- (DISC 1)9

オリジナルアルバム『MOTHER』の10曲目に収録。本作がアルバム『MOTHER』のラストトラックです。

アルバム『MOTHER』を除いてシングルバージョンで収録されています。

数々のベストアルバムに収録されていますが、『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』には未収録のシングル作品です。

※『MOTHER』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

まさに“神秘的”という言葉が似合う楽曲『MOTHER』。

スローテンポに乗せて奏でられるアルべジオは『LUNA SEA』ならではの世界観です。

以前の楽曲で言えば、アルバム『IMAGE』収録の『MOON』なんかが近い感じですかね。”スローテンポで神秘的”というキーワードは『MOTHER』も『MOON』も、どちらも兼ね揃えているポイントかと思います。

『MOON』との比較という観点では、本作『MOTHER』の方がよりどっしりと腰を据えた聴き心地です。展開に緩急があるというよりは、終始同じリズム、同じ雰囲気で時が流れていくのが『MOTHER』です。

『MOTHER』という曲名通り、“揺るぎない無償の愛”というイメージでしょうか。神秘的な雰囲気も相まって、まさに音楽で『MOTHER』という概念を物語っているようです。

そういえば、曲中に「古代レリーフ」というワードが唐突感を伴って現れます。

私は神秘的なこの楽曲の雰囲気の飲まれたせいか、割とすんなりこの言葉の登場を受け入れることができました。しかし、この独特なワード、気になる人は気になってしまうようです。

Amazonで試聴できます。

『MOTHER』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/マーガレット

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Tactics

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】hide/DOUBT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/橙

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ゲルニカ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。