個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/I’ll get over you

投稿日:2018年7月14日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『I’ll get over you』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

blur

『I’ll get over you』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名I’ll get over you
演奏時間4:38
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

『I’ll get over you』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting11
Every Ballad Songs7

1stアルバム『everlasting』の11曲目に収録。

また、バラードベストアルバムの『Every Ballad Songs』にも収録されています。

※『I’ll get over you』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

メロディアスなバラード作品『I’ll get over you』。

アルバム『everlasting』には他にも『二人で時代を変えてみたい』というバラードが収録されていますが、聴き心地はかなり異なります。

『二人で時代を変えてみたい』はスローテンポでバックのオケも控えめな作りですが、本作『I’ll get over you』はギターとシンセがけっこう動き回っており、楽器隊がそれなりの存在感を示しています。“派手目なアレンジ”と言ってもいいかもしれません。

テンポもそれほど遅いわけではありませんし、初めて聴いたときはバラードというカテゴリーに分類されるとは思いませんでした。後に本作がバラードベストアルバムの『Every Ballad Songs』に収録されたことで”ああ、『I’ll get over you』ってバラードだったんだ”という感想を抱いたほどです。

また、『二人で時代を変えてみたい』は”現在進行形の愛”を歌っているのに対し、本作『I’ll get over you』は“終わってゆく愛”をテーマにしているという点でも対照的です。

ただ、『I’ll get over you』=”あなたを乗り越えていく”という曲名通り、未来に対しては前向きな気持ちを歌っているのが素敵ですね。

Amazonで試聴できます。

『I’ll get over you』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/地獄先生

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】GLAY/KISSIN’ NOISE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/C’est La Vie

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ひとひらの自由

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/光を忘れた

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。