個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Interlude -青の住人-

投稿日:2017年5月8日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の7曲目、『Interlude -青の住人-』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

globe

『Interlude -青の住人-』の全体概要

基本情報

アーティストポケットビスケッツ
曲名Interlude -青の住人-
演奏時間2:19
作詞TERU
作曲TERU
編曲鍵山稔

ウッチャンナンチャンの内村光良が『ポケットビスケッツ』のソロとして”TERU”名義で出した曲、『青の住人』のインスト版です。

『Interlude -青の住人-』収録アルバム

アルバム名トラック#
THANKS7

オリジナルアルバム未収録。

※『Interlude -青の住人-』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『THANKS』1曲目の『Overture-Millennium-』と同じくオーケストラ風のインスト曲です。次曲の『青の住人』へのつなぎの役割としての収録でしょう。

『青の住人』の良さはイントロのピアノの疾走感だと思っていますが、こちらの『Interlude -青の住人-』は歌メロをメインに抜き出しているため、原曲の良さを上手く抽出できていないように感じて残念。

ただ、『Interlude -青の住人-』はあくまで次曲『青の住人』へのつなぎとして存在すると考えればこういう作りもアリなのかもしれません。“おいしいところは本編で!”という考え方ですね。

しかし、『THANKS』はインスト曲が多いなぁ…。

オープニングの1曲とウド鈴木ソロの『まごころ』がインストなのは理解できるとして、なぜ『青の住人』をさらにインスト曲として用意したのか…謎です 笑。

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『Interlude -青の住人-』収録アルバムレビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MASS GAME

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きてく強さ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Dear My Friend

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Newborn Baby

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/FRIEDCHICKEN & BEER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。