個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ZONE/太陽のKiss

投稿日:2018年9月22日 更新日:

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。

途中で本当に楽器を演奏し始めたため、いわゆる”ガールズバンド”になっていったわけですが、デビュー当時の”楽器を演奏するフリをして踊る”というバンドルスタイルは後年『ゴールデンボンバー』が開拓したエアーバンドの元祖だったのでは…と、今になって思います。

今回は、『ZONE』の楽曲、『太陽のKiss』のレビューです。

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

sun

『太陽のKiss』の全体概要

基本情報

アーティストZONE
曲名太陽のKiss
演奏時間3:34
作詞町田紀彦
作曲町田紀彦
編曲山原一浩

13thシングル。

『太陽のKiss』収録アルバム

アルバム名トラック#
E 〜Complete A side Singles〜 (Disc 1)14

ベストアルバム『E 〜Complete A side Singles〜』のみの収録。

※『太陽のKiss』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

夏のド真ん中を歌った1曲、『太陽のKiss』。

『ZONE』と言えば『secret base 〜君がくれたもの〜』が有名ですから、バンド自体に”夏”のイメージが強いかもしれません。

しかし、『secret base 〜君がくれたもの〜』が「夏の終わり」を歌っている一方、本作『太陽のKiss』はギラギラと照り付ける太陽が目に浮かぶほどの真夏をテーマにした楽曲になっています。なので、同じ夏をテーマにしていると言えど、上記2曲の性格は全く異なります。

そんな本作『太陽のKiss』ですが、私が個人的に珍しいなと感じたのは、歌詞の一人称が「私」になっていることでした。

実は、『ZONE』の作品って一人称に「僕」を使っている楽曲がかなり多いんです。ガールズバンドなのですが、”少年の心”を歌った楽曲が多いんですね(「私」を一人称で使っているシングル楽曲が全くなかったわけではないです)。上記で挙げた『secret base 〜君がくれたもの〜』も一人称に「僕」を使っています。

そんな中、本作『太陽のKiss』は「私」、つまり、女性としての夏を歌っているわけです。この点も、”少年(僕)のひと夏”を歌った『secret base 〜君がくれたもの〜』と本作『太陽のKiss』が大きく異なるポイントと言えるでしょう。

と、ここまで『ZONE』の代表作『secret base 〜君がくれたもの〜』と比べて本作『太陽のKiss』が異なる点を挙げてみました。

ただ、『ZONE』という枠を外してJ-POP一般という目線から見ると、『secret base 〜君がくれたもの〜』の方が特別名作で、本作『太陽のKiss』の方がよくある普通の作品という感じがします。

『太陽のKiss』、夏らしくてノリの良い曲なのですが、こういう曲は毎年量産されていますからね。。。

2004年の8×4に特別な思い出でもない限り、おそらく『太陽のKiss』は各々の人生をサラッと通り過ぎていく無数の楽曲のうちの一つとなるでしょう。。。

(本作『太陽のKiss』は8×4のCMタイアップがついており、2004年の夏はこの楽曲のサビを何度も耳にしたはずです)

Amazonで試聴できます。

『太陽のKiss』収録アルバムレビューリンク

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/列車クラシックさん

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Changes Far Away

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】GLAY/グロリアス

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/だからバイバイ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/あなた

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。