個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ZONE/卒業

投稿日:2018年9月21日 更新日:

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。

途中で本当に楽器を演奏し始めたため、いわゆる”ガールズバンド”になっていったわけですが、デビュー当時の”楽器を演奏するフリをして踊る”というバンドルスタイルは後年『ゴールデンボンバー』が開拓したエアーバンドの元祖だったのでは…と、今になって思います。

今回は、『ZONE』の楽曲、『卒業』のレビューです。

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

graduation-cap

『卒業』の全体概要

基本情報

アーティストZONE
曲名卒業
演奏時間4:21
作詞町田紀彦
作曲町田紀彦
編曲ha-j

12thシングル。

新メンバーのTOMOKAが加入してからの初シングル。

『卒業』収録アルバム

アルバム名トラック#
N1
E 〜Complete A side Singles〜 (Disc 1)13

3rdオリジナルアルバム『N』の1曲目に収録。

※『卒業』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『卒業』…寂しくて、センチメンタルな気持ちを連想する言葉です。

人生の中でも大きな感情の揺れ動きが発生する場面ですから、音楽のテーマとしても相応しいと言えそうです。現に、”卒業”をキーワードにした名作はたくさん生まれています。

“卒業”という言葉から率直に思い浮かぶのはやはり“感傷的な気持ち”ではないでしょうか。その”感傷的な気持ち”にスポットライトを当てるため、”卒業”をテーマにした楽曲は”スローテンポ”、もしくは”感動的な展開”をベースとした作りになりがちです。

例えば、”卒業”と聞いて私がパッと思いついたのは『尾崎豊』の『卒業』や『SPEED』の『my graduation』あたりですが、どちらも”スローテンポ”、もしくは”感動的な展開”をベースとした楽曲に該当すると思います。

そんな”卒業”をテーマとした楽曲が数ある中、『ZONE』が贈る本作『卒業』はバンドサウンドによるテンポのいいポップさが個性になっていると言えるでしょう。

“卒業”をテーマにしているため、歌詞の面では”感傷的な気持ち”にスポットライトが当たってはいるものの、テンポのいいポップさという音楽的なアプローチを取ることで、未来に対する前向きな気持ちが楽曲の中に込められているように思います。

そういう意味で、本作『卒業』は”卒業”というテーマに対する新鮮な楽曲であるように感じられるのですが…いかんせん、歌詞も音楽も普通過ぎてひっかかるものがあまりない、というのが正直な感想です。。。

Amazonで試聴できます。

『卒業』収録アルバムレビューリンク

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/いばらの涙

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Image

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/LOVEずっきゅん

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/get out from the shell

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/見てないようで見てる

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。