個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STEAL

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『STEAL』のレビューです。

 

window

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
曲名 STEAL
演奏時間 4:17
作詞 LUNA SEA
作曲 LUNA SEA
編曲 LUNA SEA

曲名の『STEAL』は”盗む”という意味。

鋼などを意味する”スチール”は”STEEL”というスペルになります。盗むの『STEAL』も鋼の”STEEL”も発音は同じです。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
EDEN 8

オリジナルアルバム『EDEN』の8曲目に収録。

 

レビュー

『LUNA SEA』の楽曲って、バンドアンサンブルの妙が生み出す”かっこよさ”に魅力があると思っています。

初めて聴いたときは”うーん…”と思っても、何度か聴いていくうちに”独特な雰囲気”の良さに気付くというのも結構ありますね。いわゆるスルメ曲というやつでしょうか。カップリング曲にこの手の楽曲が多い印象です。

 

ただ…本作『STEAL』だけは…何度聴いても未だに好きになれない…のです…。

イントロや間奏などで聴ける、一本のギターがチャッチャッチャッチャッとリズムを刻みながら、ベースともう一本のギターがぬるっとしたフレーズ弾くところ、ここがどうしてもかっこいいと思えないんですよね…。

初めて聴いたとき、悪い意味で“これ…『LUNA SEA』の曲?”って思いました…。

上述した通り、第一印象がイマイチでも何度か聴いていくうちに好きになる曲っていっぱいあるんですけどね。本作『STEAL』もそっちのタイプかなと思っていましたが、結局今でも好きになれないままです。

いや、本当に、『LUNA SEA』の楽曲でこういった感想を抱いているのって、唯一本作『STEAL』だけなんじゃないかな 笑。

 

この楽曲そのものに関わる部分ではないのですが、アルバム『EDEN』の中で本作『STEAL』から次曲の『LAMENTABLE』につながる瞬間はかっこいいと思います。

本作『STEAL』のぬるっとしたベースのフレーズが、『LAMENTABLE』のロックなフレーズにガラッと変わるとき、”キタキタ!”って気持ちになりますね 笑。

 

『STEAL』が収録されているアルバム『EDEN』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/GLOBAL COMMUNICATION

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/bravery

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/RAINBOW MAN

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ノーマルアタマ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/デジタルモグラ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。