個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/flying

投稿日:2017年7月9日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。某名探偵アニメに採用された曲以外にも素敵な曲がたくさんありますよ!

今回は、アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の10曲目、『flying』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

art

『flying』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名flying
演奏時間4:31
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

6thシングル。

珍しく、某名探偵アニメではなく、ゲームソフトのタイアップがついた曲。

『flying』収録アルバム

アルバム名トラック#
first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜10
Best (Disc 1)8
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)6
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜 (Disc 1)6
GARNET CROW REQUEST BEST (DISC 2)6

オリジナルアルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の10曲目に収録。

様々なベストアルバムにも顔を出しています。

※『flying』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GARNET CROW』の持つかっこよさを研ぎ澄ませたような曲。間違いなく、『GARNET CROW』の歴史を語る上で外せない1曲でしょう!

『flying』、”飛翔”という意味の曲名がついていますが、聴いた印象は“flooting”、”浮遊”って感じです。

曲を聴いていると、空高く羽ばたいていくというより、地面へ落ちないよう、空中をうろうろ漂うような映像が浮かびます。

これはイントロ一発目のベースのせいですかね。

オープニングでスタッカートの効いたベースが”ドッドッドッド”と鳴るんですが、まるで地面が飛翔体を呼び寄せるような、そんな引力を持った音に聴こえます。間違っても、空へ開放的に放つ印象はない音です。

一方で、サビでは開放感あふれるアレンジになっています。“『GARNET CROW』のかっこいい曲はコーラスがかっこいい説”が私の中にありますが、『flying』もその例に漏れず、コーラスが開放感溢れるかっこよさの秘訣になっているように感じ出ます。

コーラスで空へ放り投げて、演奏で地面へ引っ張る、その結果、空と地面の間で”浮遊”しているような聴き心地を与えているのかもしれません。

この独特な感覚、『flying』でぜひ味わってみてください!

『flying』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ノーマルアタマ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/RHAPSODY

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/惚たる蛍

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/市民野郎

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。