個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/LOVEずっきゅん

投稿日:2017年4月3日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『シフォン主義』の2曲目『LOVEずっきゅん』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

heart

『LOVEずっきゅん』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名LOVEずっきゅん
演奏時間3:19
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

『相対性理論』との出会いはこの曲でした。

そして、この曲の魅力に取りつかれ、まんまとアルバム『シフォン主義』のCDを買ってしまった一人です。

『LOVEずっきゅん』収録アルバム

アルバム名トラック#
シフォン主義 2

『シフォン主義』の2曲目に収録されています。

※『LOVEずっきゅん』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

メイド喫茶でメイドさんがオムレツに唱える呪文みたいな曲名、”どうせ萌え萌えなアニソン風な曲なんでしょ?”と思いながら聴いてみると…

…なんじゃこりゃ!!

アニソンといって思い浮かべるステレオタイプ的なハイテンション★イントロが来るかと思いきや、妙にまったりしたオープニング…。

そして、ダッダッダッダッダッダッダッダッと楽器を縦に合わせて本格的なイントロに入っていきますが…すみません、初めて聴いたときはダセェって思いました…。特にギターのフレーズ。2000年代後半にもなって、このメロディーはないだろうと…。

アニソンっぽい曲名とは程遠いインロトだなぁなんて思って聴いていると、歌が始まって再度裏切られました。

やっぱりアニソンっぽいボーカルじゃないか…と。

ただ、こういったアニソンっぽい歌声をダサい(失礼)バンドサウンドに載せるのは、非常に新鮮に感じました。思えば、ボーカル『やくしまるえつこ』の媚びてない歌い方も新しかったかもしれません。

それから、歌詞は電波ソング(死語?)っぽいわりに、言葉とメロディーのノリがきれいで、一聴目からセンスを感じました。これは新しいなと。

そしてサビですね。説明不要です。曲名通りです。

LOVEずっきゅんです 笑。

その後、結局『LOVEずっきゅん』の虜になってしまいまして、ヘビロテしまくりでした 笑。そして、何度も聴いていると、当初ダサいと思っていたイントロのギターも”アリだな”と思えるようになってしまっているんですよね。

むしろ、”おしゃれな曲”とまで今は思えます。

本作『LOVEずっきゅん』、多分、2000年代後半当時の時世を観察し、計算しつくされた曲なんだと思います。

曲名も、ダサいイントロも、不思議な歌詞も、サビのインパクトも。

あの頃、”多くの人が求めているけど無かった曲”として『LOVEずっきゅん』は浸透していったんじゃないでしょうか。2000年代後半に一世を風靡した”涼宮ハルヒ”とか”らきすた”のような奇抜な電波ソングも悪くないけど、そろそろ飽きて、ちょっと味を変えたいなと思ってた人たちに。

すみません、偉そうな考察を書きましたが盛大な見当違いかもしれません。

…でも、いましたよね?『LOVEずっきゅん』中毒者。

Amazonで試聴できます。

『LOVEずっきゅん』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ポルカドット・スティングレイ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ROUTE 666

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/I’m In Heaven

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/猟奇的なキスを私にして

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/STAY TUNED

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。