個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/僕クエスト

投稿日:2017年9月3日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

今回は『ゴールデンボンバー』の個別楽曲、『僕クエスト』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

sky

『僕クエスト』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名僕クエスト
演奏時間4:11
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

10thシングルの表題曲。もちろんインディーズ。

アニメ”遊☆戯☆王ZEXAL”のエンディングテーマに抜擢されました。

『僕クエスト』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アルバム3

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』の3曲目収録です。

※『僕クエスト』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『僕クエスト』という曲名からわかる通り、RPGを題材に扱った1曲。

RPGに人生を重ねた内容になっています。私が知らないだけかな、ありそうでなかった視点だと感じました。

曲中の主人公は中学生~高校生くらいですかね。「テスト」に対する疑問が歌われていますので。こんなの正解できて何になるんだって。

言い訳っぽい疑問ですが、確かに当時そう感じていたなということを思い出しますし、社会人になった今でもそう思います 笑。テストができたところで人生のラスボスは倒せないよなって。

RPGと言えば”冒険”がメインテーマですが、”仲間との出会い”っていうのもそれと同じくらい重要なテイストで描かれますよね。今やRPGで”仲間との出会い”を演出しないものはないといっていいくらいでしょう。

ただ、本作『僕クエスト』は”仲間との出会い”について一切触れていません。まるで一人で冒険を続けていくようなテイストです。RPGを題材にしながら”仲間”という視点が無いのは、きっと無意識的にそうなってしまったんじゃないかなと思います。

“仲間”にまで言及してしまうと、”仲間といっしょに障害を乗り越えていこう”なんて着地点についてしまいそうですもんね。

本作『僕クエスト』が伝えたいのはそういう内容じゃないです。

まずは自らの足で一歩を踏み出さなきゃと、RPGにおける最初のステージと人生を重ねた曲、そう思います。

本作『僕クエスト』という楽曲、上述の通りRPGを題材にしていると思うんですけど、MVでやっているゲームはどうみても格ゲーです 笑。

『僕クエスト』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/FRIEDCHICKEN & BEER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/そのスピードで

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】GLAY/軌跡の果て

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAGNET HOLIC

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。