個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/STAY TUNED

投稿日:2019年4月10日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の世界へ足を踏み入れると、そこには成功者ゆえの苦悩に満ちた孤独の世界を垣間見ることができます。

そこは我々凡人にとっては到底辿り着ける境地ではありませんが、その途方に暮れるほどの景色を、TAKUROの紡ぐ言葉とメロディーによって私たちもほんの少しだけ追体験できるような気がします。

今回は、『GLAY』の楽曲、『STAY TUNED』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

surfing

『STAY TUNED』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名STAY TUNED
演奏時間3:35
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

23rdシングル。

『STAY TUNED』収録アルバム

アルバム名トラック#
ONE LOVE13
THE GREAT VACATION VOL.1 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)5

オリジナルアルバム『ONE LOVE』の13曲目に収録。

※『STAY TUNED』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

夏のワクワク感を詰め込んだロックナンバー、『STAY TUNED』。

夏をテーマにした『GLAY』の楽曲と言えば、ブレイクのきっかけになった『Yes, Summerdays』やノスタルジーな切なさがたまらない『summer FM』がありましたが、本作『STAY TUNED』はもっと真正面から夏を歌った楽曲になっています。

それこそ、海に向かう道中の車の中とか、サンダルも溶けるほど灼熱の太陽に照らされたビーチとか、夏を全身で感じられる場面で聴きたい楽曲ですね。“チャンネルはそのまま”という意味の曲名も、車やビーチのラジオで流れることを想定して付けられたのでしょうし。

…話は変わるのですが、昔、この楽曲を知り合いと聴いていたとき、サビの「海にダイブ」というところが“海にデブ”に聞こえると言っていたのを思い出しました。

それ以降、まるで呪いのように、『STAY TUNED』が「海にダイブ」のところに差し掛かるたび、どうしても“海にデブ”と聞こえる、そんな身体に私はなってしまいました。

あいつの話を耳にするまでそんなこと思わなかったのに…。

“海にデブ”というシュールな言葉の組み合わせが嫌にキャッチーすぎるんだって…。

どうしてくれるんだよ…。

『STAY TUNED』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/くじら12号

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/空の青と本当の気持ち

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Fare Well

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ラストレター

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/愛のカケラ

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。