個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/スマトラ警備隊

投稿日:2017年4月2日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『シフォン主義』の1曲目『スマトラ警備隊』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

guards

『スマトラ警備隊』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名スマトラ警備隊
演奏時間2:42
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

『スマトラ警備隊』とはいったい…。

その疑問は曲を聴いても解くことはできません。むしろ、聴けば聴くほど謎は深まるばかりです。

『スマトラ警備隊』収録アルバム

アルバム名トラック#
シフォン主義 1

『シフォン主義』の1曲目に収録されています。

※『スマトラ警備隊』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ボーカル、ギター、ベース、ドラムで構成されたシンプルなバンドサウンドの曲です。

曲を通して左がクリーンギター、右が歪んだギターのまま、音色が変わることもないくらいシンプルです。

イントロの一発目、楽器を縦に合わせてひたすら叩き付けるフレーズから始まります。

ハイテンポで勢い任せな曲かと思っていると、歌が始まるやいなや、『やくしまるえつこ』の感情のこもっていないボーカルにマジかよとなります!

そしてひたすら意味の分からない歌詞を歌い続けます…!

ただ、歌詞とメロディーの相性は抜群です!一度聴いたら忘れられないこと間違いないです。

サビの頭で「太平洋」、「CIA」、「新幹線」といった単語が出てきますが、この言葉のノリがメロディーが絶妙にマッチしており、ダジャレっぽい歌詞も相まって、とっても耳に残ります!

「太平洋」も「CIA」も「新幹線」も、カタカナで書けば6文字ですが、音にすれば3音ですからね。

ふざけているようで、言葉選びは非常に計算されているんじゃないでしょうか。ここまでメロディーにマッチして、かつ、ダジャレっぽくしながらダサくはない言葉。なかなか思いつかないです。

最初は”変な曲”という感想を持っても、何度も聴いているうちに”すごいセンスだな”って思えてきます。

『スマトラ警備隊』、終始こんな感じです。ハマる人はハマるんじゃないでしょうか。

しかし、改めて聴いてみると、サビは息継ぎのタイミングが難しそう。

カラオケで歌ってみるときはご注意ですね。

Amazonで試聴できます。

『スマトラ警備隊』アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/for dear

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/8cmのピンヒール

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】hide/Beauty & Stupid

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ドラキュラ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/キラーボール

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。