個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Love Sauce

投稿日:2018年4月17日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の6曲目、『Love Sauce』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

panna-cotta

『Love Sauce』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Love Sauce
演奏時間4:04
作詞吉井和哉
作曲廣瀬洋一 & 吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

ベース担当の廣瀬洋一が作曲に関わっている珍しい楽曲。

アルバム『FOUR SEASONS』で吉井和哉以外が作曲に携わっている唯一の作品です。

『Love Sauce』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS6

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の6曲目に収録。

※『Love Sauce』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

露骨な下ネタ楽曲『Love Sauce』。

『Love Sauce』が収録されているアルバム『FOUR SEASONS』には、他にも#3 『I Love You Baby』が同じ下ネタ属性を持つのですが、『Love Sauce』の方が露骨度は上

こういった露骨な下ネタ楽曲は、後のアルバム『PUNCH DRUNKARD』に多数収録されている印象です。そして、正直なところ、『PUNCH DRUNKARD』収録の下ネタ楽曲の方が完成度が高いかなと個人的には感じます。。。

『Love Sauce』は、ちょっとそのまんま過ぎるというか、なんというか、もう少し捻りのある表現があってもよかったんじゃないかなって思ってしまう楽曲です。『Love Sauce』というのも一種の比喩でしょうが、まぁ…そのまんまですよ 笑。

サウンド的には、アルバム『FOUR SEASONS』の約1年後にリリースされるシングル『楽園』をどことなく想起させます。

もちろん洗練度という意味では『楽園』の方が上でしょうが、ミドルテンポでベースがグイグイと引っ張っていくサウンドが『Love Sauce』と『楽園』に見られる共通点かなと思います。

本作『Love Sauce』の作曲にベース担当の廣瀬洋一が携わったことで、吉井和哉自身の引き出しも広がったのかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『Love Sauce』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Tears

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】黒夢/くちづけ

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Over Drive

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/RADIO

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。