個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ピリオドの雨

投稿日:2018年4月16日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の5曲目、『ピリオドの雨』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

water

『ピリオドの雨』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名ピリオドの雨
演奏時間6:39
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

6分半を超える演奏時間で、アルバム『FOUR SEASONS』の中では最長の楽曲となります。

『ピリオドの雨』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS5

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の5曲目に収録。

※『ピリオドの雨』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

スローテンポなバラードナンバー『ピリオドの雨』。

うん…正直な感想を言ってしまうと、少し退屈な楽曲。。。

アルバム『FOUR SEASONS』を通して聴いていると、この辺りから中だるみを感じ初めてきますね。。。

演奏時間の長い楽曲というのは、聴き手を飽きさせずに最後まで聴かせることが確かに難しいと思います。

ですが、例えば同じイエモンの楽曲で、演奏時間8分を超える大作『天国旅行』は全然退屈せずに聴き通せるんですよね。

名盤と呼ばれる次回作『SICKS』には、他にも長尺な楽曲はたくさん収録されていますが、どれもおもしろく聴けます。なので、イエモンは決して長尺な楽曲を聴かせるのに向ていないバンドとは思っていないです。

少し見方を変えると、長尺な楽曲を詰め込んだアルバムでもしっかり聴かせられるほどの出来栄えだった故に、アルバム『SICKS』は名盤と呼ばれていると言えるのかもしれません。

5thアルバム『FOUR SEASONS』と6thアルバム『SICKS』、両アルバムのリリース間隔は1年程度ですが、なぜ6thアルバム『SICKS』が名盤と呼ばれているのか。なぜ5thアルバム『FOUR SEASONS』ではなく6thアルバム『SICKS』なのか。

その分かれ目を感じられる一つのポイントが、本作『ピリオドの雨』を代表とする、長尺作品の完成度なのかなと思います。

Amazonで試聴できます。

『ピリオドの雨』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/マイハートハードピンチ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/BYE! MY BOY!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STORM

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/bravery

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】B’z/RUN

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。