個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/さわやか会社員

投稿日:2017年9月25日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『ハイファイ新書』の7曲目『さわやか会社員』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

tie

『さわやか会社員』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名さわやか会社員
演奏時間4:23
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

4分半にも満たない曲ですが、アルバム『ハイファイ新書』の中では本作『さわやか会社員』が最も演奏時間の長い曲になります。

『さわやか会社員』収録アルバム

アルバム名トラック#
ハイファイ新書7

『ハイファイ新書』の7曲目に収録されています。

※『さわやか会社員』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『相対性理論』お得意のNHKみんなのうた風な言葉遊びソング

アルバム『ハイファイ新書』は、#6『学級崩壊』、#7『さわやか会社員』、#8『ルネサンス』と3曲連続で怒涛の言葉遊びソングラッシュが続きます。前作『シフォン主義』でもそうでしたが、『相対性理論』のアルバム後半はNHKみんなのうた風な曲が配置される傾向にありますね。

本作『さわやか会社員』は、とにかく韻を踏むような言葉選びにこだわっているようです。Aメロは「○○じゃない」とか「つらい」とか”ai”の音で韻を踏み、サビは「サンシャイン」とか「会社員」とか、”in”の音で韻を踏んでいます。

韻にこだわった歌詞にすることで、基本はナンセンスなフレーズができあがっているんですが、時々格言めいたフレーズも現れたりします。これがいい味出しているんですよね。

格言めいたフレーズも、ここだけ抜き出してしまえばありふれた普通のフレーズなんですが、ナンセンスな言葉に囲まれると、途端に深い意味を持ったように聴こえてくるので不思議です。

あとは、『さわやか会社員』という曲名、リアルな会社員である私からすると、皮肉にしか聞こえないですね 笑。

私は”さわやか”とは遠い、”やさぐれ会社員”ですから…。

ああ、朝、オフィスビルに辿り着き、それから自分の執務室に向かう途中のエレベーターが怖い。朝からなんであんなにグイグイ我先に乗り込んでいけるんでしょうかね…。あんなのに毎朝触れあっていたら、そりゃやさぐれるよ…。

この曲に出てくる『さわやか会社員』ってどんな風に朝のエレベーターに立ち向かうのか気になります。あの戦場でもさわやかでいられるんでしょうか…。

…と思ったら、歌詞をよく見ると、「さわやか」なのは「サンシャイン」であって、「会社員」ではありませんでした

なんだよこのオチ 笑。

Amazonで試聴できます。

『さわやか会社員』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/EDEN 〜君がいない〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/軌跡の果て

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Driver’s High

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/T.T.GROOVE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/REGRET

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。