個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ALRIGHT

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の12曲目、『ALRIGHT』レビューです。

 

nature

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 ALRIGHT
演奏時間 4:42
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY

復活後第一弾シングルの『砂の塔』のカップリング曲。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 12

オリジナルアルバム『9999』の12曲目に収録。

 

レビュー

2016年のイエモン復活に際し、真っ先に発表された新曲が本作『ALRIGHT』。

まさに、再始動そのものを歌い上げた1曲となっています。

本作『ALRIGHT』ではイエモン復活の様子が昆虫の羽化に例えて表現されています。

「蛹(さなぎ)」だの「ドロドロ」だの、一見グロテスクな表現もありますが、こういった”リアルな生命の躍動”の描写に、文字通り“イエモン復活の鼓動”を感じることができます。

 

本作『ALRIGHT』における昆虫の羽化というコンセプトも素敵ですが、個人的に気に入っているフレーズは1番2回目Aメロの箇所です。「神様が作る~」で始まる部分ですね。

ここでは昆虫の代わりに「猿」という言葉が出てきます。もちろん、”人間が進化する前の姿”という意味もある言葉でしょうが、やはり『THE YELLOW MONKEY』というバンドのことを指していると解釈するのが自然でしょう。

そんな言葉を使い、イエモン復活を願っていた人たちの気持ちを代弁するかのように「それはの名残」なんて言っちゃうところが、なんというか、最高に感動したんですよね。ホント、これまで「猿の名残」を追いかけてきたなって。

また、この「猿の名残」というやつ、これはイエモンのメンバー自身も追いかけていたものなんじゃないかなと思います。イエモン解散後、それぞれがそれぞれの場所で活躍していたのでしょうが、やはり『THE YELLOW MONKEY』というバンドの名残を消せないまま、心に抱えて生きてきたんだろうなって。

ファンもメンバーも、両方の気持ちを洒落た形で表現した「猿の名残」っていうフレーズ、本当、最高にかっこいいです。

 

『ALRIGHT』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Savile Row 〜サヴィル ロウ 3番地〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ノーマルアタマ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Pray

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。