個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/flower

投稿日:2017年6月10日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『flower』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

flower

『flower』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名flower
演奏時間4:58
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Takao Konishi

5thシングルのタイトル曲。

『flower』収録アルバム

アルバム名トラック#
True5
Clicked Singles Best 132
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-19987
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 1 hyde best)3
TWENITY (1991-1996)10
WORLD’S BEST SELECTION7

オリジナルアルバム『True』の5曲目に収録。

その後はベストアルバムの常連とも言えるほど、数々のアルバムに収録されています。

※『flower』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ベストアルバム『Clicked Singles Best 13』の投票では堂々の1位を獲得した楽曲が本作『flower』。『L’Arc〜en〜Ciel』のファンからとても愛されている1曲と言えるでしょう。

セールス的には他にもっと売れた曲はあるのですが、売り上げ枚数と人気は必ずしも一致しない好例ですね(ただ、『flower』はドラムがsakura時代の曲としてはもっとも売れた曲になります)。

本作『flower』、聴いていると森の中の妖精感を感じます。

歌詞にはそんなワードは出てこないんですけどね。アコースティックギターが効いたアレンジのせいでしょうか。

緑豊かな森の中、日本のジメジメした森じゃなくて、光差し込む西欧の森、その中でハーモニカ片手に愛を歌う妖精…そんな感じです。ラルクの持つ幻想的なイメージを保ちつつ、世界観を壊さない明るさのバランスが絶妙ですね!

ファンからの熱い人気も納得です!

この機会に、もう一度聴きなおしてみてはいかがでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『flower』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 平成から令和への改元でさえネタにして楽曲を創ってしまう彼らは、紛れもなくエンターテ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ALRIGHT

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SEA

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】黒夢/MARIA

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。