個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Lies and Truth

投稿日:2017年6月11日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Lies and Truth』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

forest

『Lies and Truth』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Lies and Truth
演奏時間5:26
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Akira Nishihira

6thシングルのタイトル曲。

スローテンポな曲ではないのですが、演奏時間は5分越えとけっこう長めです。

『Lies and Truth』収録アルバム

アルバム名トラック#
True7
Clicked Singles Best 133
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-19988
TWENITY (1991-1996)12

オリジナルアルバム『True』の7曲目に収録。

『True』と『TWENITY』は”True” Mixと呼ばれるバージョン違いが収録されています。オリジナルはアウトロがフェードアウトで終わるのですが、”True” Mixは完奏して終わるという違いがあります。

※『Lies and Truth』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ストリングスのアレンジが効いた1曲、『Lies and Truth』。そのためか、クリスマスソングっぽい印象があります。

ロックバンドとして、ここまでバンド外の音を取り入れる心境ってどうなんでしょうね。けっこうな抵抗があったんじゃないかなぁなんて勝手に想像しています。

とはいえ、本来のバンドサウンドも小粋な箇所がけっこう散りばめられています。Aメロのクリーンギターと歪んだギターの掛け合いとか、あんまり目立ちませんがけっこう好きです。

右チャンネルでクリーンギターを一発鳴らして、そのあと一歩遅れて左チャンネルで歪んだギターをガチャガチャやる感じ、いいですね~。

『Lies and Truth』ですが、『高杉さと美』がカバーしています。この人については、この記事を書くにあたっていろいろ調べている中で知ったわけですが、こういうシックなアレンジもいいですね。

本家のラルク版ばかり聴いていては気づけない、歌メロの美しさを改めて実感しました。

やっぱkenはすごいですね。こんなメロディ思いつくなんて…。

Amazonで試聴できます。

『Lies and Truth』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Stand by

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Changes Far Away

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/市民野郎

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/クリスタル・ゲージ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/MORALITY SLAVE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。