個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Pieces

投稿日:2017年6月17日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Pieces』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

pieces

『Pieces』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Pieces
演奏時間5:45
作詞hyde
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

16thシングルのタイトル曲。

『Pieces』収録アルバム

アルバム名トラック#
ark11
Clicked Singles Best 139
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20008
TWENITY (1997-1999)11

オリジナルアルバム『ark』の11曲目に収録。本作『Pieces』がアルバム『ark』の最終トラックになります。

なお、『ark』、『TWENITY』はアルバムバージョン(ark mix)での収録。

※『Pieces』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『L’Arc〜en〜Ciel』のシングルにしては珍しい正統派バラード。

90年代後半、ラルクがミリオンヒットを連発していた頃にリリースされたシングルですが、本作の売り上げ枚数は約74万枚程度と、あまり奮わない結果だったように見えます(もちろん、74万枚という数字はすごいことに間違いないのですが)。

ライバル的存在だった『GLAY』は『HOWEVER』というド直球バラードでミリオンヒットを叩き出していたことから、ラルクに求められているものは『HONEY』や『HEAVEN’S DRIVE』のような”ラルクにしか生み出せないアップテンポな曲”だったのかも知れません。

とはいえ、本作『Pieces』、あの『aiko』がカバーしてたりと、しっかり後世に歌い継がれています。メロディーの美しさと歌詞の良さは誰が歌っても変わらないですね。

特に最後のサビ、「私のかけらよ…」の部分がラルクらしい要素を取り入れながらも前向きなフレーズになっていて好きです。曲名の『Pieces』って、「私のかけら」を意味しているんでしょうね。素敵です。

Amazonで試聴できます。

『Pieces』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/スパイラル

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MASS GAME

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/POWER OF LOVE

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fairy Story

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/女々しくて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。